4630万円誤送金で脚光浴びた「フロッピーディスク」 絶滅どころか公的機関でいまだ“現役”の事情

誤送金問題

2022/05/19 11:34

昭和世代には親しみあるフロッピーディスクだが、令和になっても使われていたことに驚きの声が上がった(gettyimages)
昭和世代には親しみあるフロッピーディスクだが、令和になっても使われていたことに驚きの声が上がった(gettyimages)

「えっ、いまだにフロッピーディスクを使っているの?」

 そう思った人も少なくないだろう。

【写真】誤送金問題について、記者会見で頭を下げる山口・阿武町の花田憲彦町長

 山口県阿武町で誤って1世帯に4630万円を振り込んだ、いわゆる誤送金問題。18日夜、県警は同町の田口翔容疑者(24)を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕したが、誤送金に至る過程で、町役場から銀行に依頼データの入ったフロッピーディスク(FD)を渡したことが報じられると、「旧石器時代」「時代遅れ過ぎる」など、驚きや嘆きの声がSNSに上がった。ところが取材してみると、絶滅していたかのように思われたFDは、一部の中央省庁や役所、銀行、企業ではいまも日常的に使われていることがわかった。それぞれの事情を聞いた。

*   *   *

 山口県阿武町からFDでの振り込みを依頼された山口銀行などを傘下に持つ「山口フィナンシャルグループ(FG)」にたずねると、「山口銀行は、FDなどによる振り込みおよび口座振替依頼データの授受については昨年5月末日を持って廃止させていただいております」と言う。

 ところが、山口銀行はFDによる振り込みデータの受け渡しを現在も行っている。なぜか。

「新規の受付は行っておりませんが、既存のお客様から、FDでの振り込みを継続させてほしい、というご要望があれば、対応せざるを得ないという状況です」

 山口銀行は、これまでFDで振り込みを依頼してきた顧客に対して、同行のインターネットバンキングを通じて振り込みをしてもらえるように交渉してきた。

「ただ、昔からずっとお取引していただいているお客様の利便性の観点からすると、FDを廃止するのは難しい側面があります」

 担当者はすんなりとはいかない事情を、そう説明する。

■東京の区役所でもFD

 一方、東北地方のある銀行によると、FDでの引き落としは「公官庁から依頼されることが多い」と関係者は言い、こう続ける。

「県内では、市役所や町村役場でFDを使っているところが多いです。税金や国民年金、国民健康保険料の引き落としなどです。そんなわけで、私どももそれを引き受けざるを得ませんでした」

 この銀行では半年ほど前から県内の各市町村に打診して今年中にFDの取り扱いを終了し、すべてインターネットバンキングに切り替える予定だ。

NEXT

東京都内でも使われていた

1 2 3

あわせて読みたい

  • 4630万円誤送金を使い切った24歳男の“罪の重さ” 弁護士が指摘する「実刑」の年数

    4630万円誤送金を使い切った24歳男の“罪の重さ” 弁護士が指摘する「実刑」の年数

    dot.

    5/19

    90分でも60分でもなく…「10分間のカセットテープ」が今一番売れているワケ

    90分でも60分でもなく…「10分間のカセットテープ」が今一番売れているワケ

    プレジデントオンライン

    3/8

  • ふつうの会社員でも低リスクで1億円をつくれるたった1つの方法

    ふつうの会社員でも低リスクで1億円をつくれるたった1つの方法

    ダイヤモンド・オンライン

    12/25

    しいたけを銀座で路上販売 通行人「なめてるのか!」

    しいたけを銀座で路上販売 通行人「なめてるのか!」

    AERA

    4/13

  • 兵庫県「水の閉め忘れ」で職員個人が300万円弁償 この“処分”は妥当だったのか

    兵庫県「水の閉め忘れ」で職員個人が300万円弁償 この“処分”は妥当だったのか

    dot.

    2/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す