消息不明の知床観光船は「かつて瀬戸内海を航海した船」か 船舶情報を独自入手してわかった事実

2022/04/28 11:00

 23日に北海道・知床半島の沖合で観光船が消息を絶った事故で27日、運航会社の社長が事故後初めて記者会見を開き、土下座で謝罪をした。会見では事故前の船舶の様子などに質問が集まった。AERAdot.編集部が入手した情報によると、消息を絶った船はかつて瀬戸内海を航行していた船とみられ、建造後37年経っている可能性が高いことがわかった。専門家からは「海域の特性にあわせて船は造られる」という指摘も出ている。 

あわせて読みたい

  • 東浩紀「遊覧船事故の背景にコロナ禍の観光産業の苦境にも目を向けるべき」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「遊覧船事故の背景にコロナ禍の観光産業の苦境にも目を向けるべき」

    AERA

    5/17

    御朱印ならぬ「御船印」が人気 40社集めると「船長」の称号も

    御朱印ならぬ「御船印」が人気 40社集めると「船長」の称号も

    AERA

    10/13

  • 「宇宙船も夢じゃない」100年続く造船所を気仙沼に みらい造船代表取締役社長・木戸浦健歓

    「宇宙船も夢じゃない」100年続く造船所を気仙沼に みらい造船代表取締役社長・木戸浦健歓

    AERA

    3/11

    「自然への恐れを忘れ…」作家・下重暁子が知床遊覧船事故に思うこと
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「自然への恐れを忘れ…」作家・下重暁子が知床遊覧船事故に思うこと

    週刊朝日

    5/13

  • 韓国・旅客船沈没事故 明暗分ける自力脱出の覚悟

    韓国・旅客船沈没事故 明暗分ける自力脱出の覚悟

    週刊朝日

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す