腎臓病で毎年4万人近くが新たに人工透析治療に 4月から他の治療法も普及する仕組みに

いい病院

2022/03/24 09:00

 腎臓の機能が低下して末期腎不全になると、自分の腎臓の代わりとなる治療(腎代替療法)が必要です。複数の治療法がありますが、日本ではそのほとんどを人工透析のうちの血液透析が占めています。厚生労働省は2年に1度改定される診療報酬でその状況を変えようと仕組みを変えつつあり、この4月の改定でも、腎移植などが積極的に進められる内容になります。この分野の専門医であり、東京女子医科大学血液浄化療法科教授の土谷健医師に解説してもらいました。

あわせて読みたい

  • 『「このままだと人工透析です」と言われたら読む腎臓病の本』4月23日発売!

    『「このままだと人工透析です」と言われたら読む腎臓病の本』4月23日発売!

    4/19

    「このままだと人工透析です」と言われたら…専門医が伝えたい二つのこと

    「このままだと人工透析です」と言われたら…専門医が伝えたい二つのこと

    dot.

    4/23

  • 透析治療中止による患者死亡で注目される「人工透析」の実態と病院選び

    透析治療中止による患者死亡で注目される「人工透析」の実態と病院選び

    週刊朝日

    3/11

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    週刊朝日

    7/12

  • 【人工透析】なぜ日本は血液透析97%とアンバランスなのか? 専門医が指摘する理由

    【人工透析】なぜ日本は血液透析97%とアンバランスなのか? 専門医が指摘する理由

    dot.

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す