コロナ禍でがん手術数が「減った」病院、「増えた」病院はどこ? 健診受診率低下で早期発見の遅れ

いい病院

2022/03/08 09:00

 コロナ禍で、がんや心臓病などの手術はどうなったのか。好評発売中の週刊朝日ムック『いい病院2022』(朝日新聞出版)では、新型コロナウイルスの流行が、医療界の「手術」へ与えた影響について迫った。『いい病院』では、「手術数」を切り口に、20年間調査を続けている。その調査結果も併せて2回に分けて報告する(※この記事は、2021年12月に取材したものです)。

あわせて読みたい

  • コロナ受け入れ病院はがんや心臓病の治療にどう対応した? 相次いだ手術の延期や制限

    コロナ受け入れ病院はがんや心臓病の治療にどう対応した? 相次いだ手術の延期や制限

    dot.

    3/9

    大腸がんは40代も要注意 独自調査「いい病院」トップ40

    大腸がんは40代も要注意 独自調査「いい病院」トップ40

    dot.

    3/1

  • 【大腸がん手術】肛門を残すか、人工肛門にするかが大きな選択肢に

    【大腸がん手術】肛門を残すか、人工肛門にするかが大きな選択肢に

    dot.

    3/29

    コロナ禍のがん検診・治療「がん患者はコロナ抗体量が低かった」

    コロナ禍のがん検診・治療「がん患者はコロナ抗体量が低かった」

    週刊朝日

    7/9

  • 【大腸がん内視鏡治療】その手術、本当に必要? 医師とよく確認を

    【大腸がん内視鏡治療】その手術、本当に必要? 医師とよく確認を

    dot.

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す