【独占】症候性多発性骨髄腫で闘病する宮川花子がが語る「諦め」と「希望」

宮川花子

2022/02/22 11:30

 2019年6月に救急搬送され、血液のがんの一種、症候性多発性骨髄腫で闘病中の漫才師・宮川花子さん(67)。搬送後に“余命半年”との宣告を受けましたが、相方で夫の宮川大輔さん(72)の献身的なサポートで昨年12月には久々に舞台に上がり、切れ味鋭いトークを披露しました。今月、病気になってからの思いをつづった「あわてず、あせらず、あきらめず」も出版しましたが、20年以上取材を続けてきた筆者に今の思いを吐露しました。

あわせて読みたい

  • 「芸人は同情されたら終わり」多発性骨髄腫告白の宮川花子の忸怩たる思い
    筆者の顔写真

    中西正男

    「芸人は同情されたら終わり」多発性骨髄腫告白の宮川花子の忸怩たる思い

    dot.

    12/17

    「おじいちゃんになっても漫才したい」兄弟漫才師・ミキの魅力とネタ作りの原点

    「おじいちゃんになっても漫才したい」兄弟漫才師・ミキの魅力とネタ作りの原点

    AERA

    8/7

  • 宮川大助・花子 一時は喪服持って仕事、遺言も

    宮川大助・花子 一時は喪服持って仕事、遺言も

    週刊朝日

    3/25

    オール巨人が初めて語る「M-1審査員」の苦悩、そして「売れる芸人」の共通点
    筆者の顔写真

    中西正男

    オール巨人が初めて語る「M-1審査員」の苦悩、そして「売れる芸人」の共通点

    dot.

    4/18

  • 桐谷健太“天才役”演じる苦悩を救った言葉とは?

    桐谷健太“天才役”演じる苦悩を救った言葉とは?

    週刊朝日

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す