17世紀の「ペスト」のパンデミック対策ではハーブが用いられていた 現代でも役立つ活用法

ウィズコロナ

2022/02/20 09:00

 世界保健機関(WHO)が、新型コロナウイルス感染症を「パンデミック」と宣言してから約2年が経ちました。そもそもパンデミックとは、感染病の世界的大流行を意味し、紀元前より人々はペストをはじめとする「疫病」といくども戦ってきました。その様々な場面で、ハーブの活用を見受けることができます。今回はパンデミックの歴史におけるハーブの活用法について、日本メディカルハーブ協会理事の木村正典先生にお聞きました。本記事は、日本メディカルハーブ協会HPの記事を一部改変してお届けします。

あわせて読みたい

  • 8月2日は「ハーブの日」!世界のハーブの歴史

    8月2日は「ハーブの日」!世界のハーブの歴史

    tenki.jp

    8/2

    花粉症対策は冬の今から! ハーブを活用した早めのセルフケアでつらい症状を穏やかに

    花粉症対策は冬の今から! ハーブを活用した早めのセルフケアでつらい症状を穏やかに

    dot.

    1/17

  • 植物性成分「フィトケミカル」で健やかに! 更年期はライフスタイル見直しの節目

    植物性成分「フィトケミカル」で健やかに! 更年期はライフスタイル見直しの節目

    dot.

    3/29

    新型コロナ「過去1千年なかった経験」と専門家 「完全終息時期」を歴史から予測

    新型コロナ「過去1千年なかった経験」と専門家 「完全終息時期」を歴史から予測

    AERA

    4/9

  • 「応仁の乱」や「禁門の変」も乗り越え 1000年以上続く祭りの魅力
    筆者の顔写真

    鈴子

    「応仁の乱」や「禁門の変」も乗り越え 1000年以上続く祭りの魅力

    dot.

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す