ミスタータイガース・掛布雅之氏が語る「阪神・四番の条件」とは

2022/01/12 10:00

 寅年の2022年、阪神は05年以来の優勝を目指す。ここ数年、Aクラスを続けているが優勝からは遠ざかっている。その阪神の敗因を分析したのが、2021年12月に上梓された掛布雅之氏の著書『阪神・四番の条件 タイガースはなぜ優勝できないのか』(幻冬舎)だ。掛布氏が4代目ミスター・タイガースの目線で「V逸の悔しさ」と「阪神への愛情」を語っている。

あわせて読みたい

  • ヤクルト村上宗隆は球史に残るスラッガーになれるか 王、野村、松井…過去の強打者と比較してみた

    ヤクルト村上宗隆は球史に残るスラッガーになれるか 王、野村、松井…過去の強打者と比較してみた

    dot.

    3/4

    王、落合、金本……強打者ほど四球は多い?「四球は安打と同等の価値がある」を熟知していた選手たち

    王、落合、金本……強打者ほど四球は多い?「四球は安打と同等の価値がある」を熟知していた選手たち

    dot.

    6/10

  • ミスタータイガース掛布雅之氏 3つの事件で大阪府警から「聴取」を受ける

    ミスタータイガース掛布雅之氏 3つの事件で大阪府警から「聴取」を受ける

    週刊朝日

    4/11

    正々堂々とは程遠い… 個人タイトルをかけた“泥沼の戦い”

    正々堂々とは程遠い… 個人タイトルをかけた“泥沼の戦い”

    dot.

    4/8

  • ヤクルト・山田哲人の不調は“四球禍”が原因だった?

    ヤクルト・山田哲人の不調は“四球禍”が原因だった?

    dot.

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す