人前で体が動かなくなる「場面緘黙」という病 14歳の娘と母が探る「障害と共に生きる」道

みいちゃんのお菓子工房

2022/01/08 10:00

大雪に見舞われた年の瀬の滋賀県。JRの近江八幡駅から歩いて10分ほどの住宅街に入ると、「みいちゃんのお菓子工房」と掲げられたかわいらしい建物があった。他人の前では動くこともしゃべることもできなくなってしまう少女が、この店でパティシエとしてケーキやお菓子を作り、母が販売している。「何もできひん子」。過去にそう言われたこともある少女の母が模索するのは、娘が障害を克服するのではなく、「障害と共存していく」道だ。

あわせて読みたい

  • "話したくても話せない"不安障害「場面緘黙(ばめんかんもく)」とは

    BOOKSTAND

    12/13

    入園・入学がきっかけでしゃべれなくなる!? 場面緘黙(ばめんかんもく)経験者が語る「真実」

    入園・入学がきっかけでしゃべれなくなる!? 場面緘黙(ばめんかんもく)経験者が語る「真実」

    BOOKSTAND

    3/28

  • 5月は「場面緘黙(ばめんかんもく)症」啓発月間! 当事者が明かす、成人後の生きづらさ

    5月は「場面緘黙(ばめんかんもく)症」啓発月間! 当事者が明かす、成人後の生きづらさ

    BOOKSTAND

    5/22

    知名度が低い場面緘黙症、診てくれる病院が見つからない!? BL同人漫画家が直面した現実

    知名度が低い場面緘黙症、診てくれる病院が見つからない!? BL同人漫画家が直面した現実

    BOOKSTAND

    2/10

  • 200人に1人の割合で存在する

    200人に1人の割合で存在する"場面緘黙(ばめんかんもく)" 8月1日、2日はフォーラムも開催

    BOOKSTAND

    7/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す