「2億円」が「400万円」に急降下も…球史に残る“大減俸”の憂き目にあった男たち

2021/12/05 18:00

 プロ野球選手の年俸は、活躍度に応じて上昇カーブを描いていくが、ケガなどで活躍できなかったシーズンは、大物選手といえどもダウンは免れず、時には野球協約で定められている減額制限(25%。年俸1億円以上の選手は40%)を超える大幅ダウンの憂き目にあうこともある。そんな球史に残る大減俸を紹介する(金額はいずれも推定)。

あわせて読みたい

  • 巨人・中田翔の“大幅減俸”は必至 高額だった年俸はどこまで下がるのか

    巨人・中田翔の“大幅減俸”は必至 高額だった年俸はどこまで下がるのか

    dot.

    12/1

    巨人・高梨雄平が年俸7800万円でサイン 現役中継ぎ投手から「もっと上げるべき」と疑問の声

    巨人・高梨雄平が年俸7800万円でサイン 現役中継ぎ投手から「もっと上げるべき」と疑問の声

    dot.

    12/16

  • ソフトバンクは“大損”なシーズンに…「コスパの悪かった男」たち【パ・リーグ編】

    ソフトバンクは“大損”なシーズンに…「コスパの悪かった男」たち【パ・リーグ編】

    dot.

    12/28

    東尾修「今の選手はうらやましい。でも…」高騰する年俸に苦言
    筆者の顔写真

    東尾修

    東尾修「今の選手はうらやましい。でも…」高騰する年俸に苦言

    週刊朝日

    12/26

  • 「誠意は言葉ではなく金額…」 年俸交渉で“絶対に譲らなかった”選手たち

    「誠意は言葉ではなく金額…」 年俸交渉で“絶対に譲らなかった”選手たち

    dot.

    1/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す