「2億円」が「400万円」に急降下も…球史に残る“大減俸”の憂き目にあった男たち

2021/12/05 18:00

 プロ野球選手の年俸は、活躍度に応じて上昇カーブを描いていくが、ケガなどで活躍できなかったシーズンは、大物選手といえどもダウンは免れず、時には野球協約で定められている減額制限(25%。年俸1億円以上の選手は40%)を超える大幅ダウンの憂き目にあうこともある。そんな球史に残る大減俸を紹介する(金額はいずれも推定)。

あわせて読みたい

  • 巨人左腕は4億円超ダウン 「給料下げてください」 “自ら”大減俸を求めた3人の男

    巨人左腕は4億円超ダウン 「給料下げてください」 “自ら”大減俸を求めた3人の男

    dot.

    11/2

    巨人・中田翔の“大幅減俸”は必至 高額だった年俸はどこまで下がるのか

    巨人・中田翔の“大幅減俸”は必至 高額だった年俸はどこまで下がるのか

    dot.

    12/1

  • 給料が“半減”も FA移籍で「年俸が下がった」男たち 新天地での挑戦には様々な思い

    給料が“半減”も FA移籍で「年俸が下がった」男たち 新天地での挑戦には様々な思い

    dot.

    11/22

    巨人・高梨雄平が年俸7800万円でサイン 現役中継ぎ投手から「もっと上げるべき」と疑問の声

    巨人・高梨雄平が年俸7800万円でサイン 現役中継ぎ投手から「もっと上げるべき」と疑問の声

    dot.

    12/16

  • 年俸と“釣り合わない”成績 巨大戦力も今は昔、ソフトバンクの「大甘査定問題」

    年俸と“釣り合わない”成績 巨大戦力も今は昔、ソフトバンクの「大甘査定問題」

    dot.

    10/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す