「この子には障がいがあります」 障害をオープンにするタグを配布する47歳母親の決意

ワーデンブルグ症候群

2021/12/03 11:00

 8年前、生まれて間もない長男に障害があることを知り泣き崩れた母親。だが彼女は今、障害当事者の子どもが身につけられるタグ型のマークを作るためにクラウドファンディングで資金を集め、長男に着けるだけではなく、無償で配布している。「この子には障がいがあります。」。オレンジ色のタグに書かれたストレートな言葉。母が込めた思いとは。

あわせて読みたい

  • 聞こえを改善する手術は高齢者でも安全に受けられる 医師が難聴の治療法を解説

    聞こえを改善する手術は高齢者でも安全に受けられる 医師が難聴の治療法を解説

    dot.

    4/30

    人工内耳の普及を素直に喜べない…大センセイが考える共生社会とは
    筆者の顔写真

    山田清機

    人工内耳の普及を素直に喜べない…大センセイが考える共生社会とは

    週刊朝日

    1/28

  • 難聴の要因は加齢、騒音、糖尿病や高血圧… 聞こえ方を改善する「人工内耳」手術とは?

    難聴の要因は加齢、騒音、糖尿病や高血圧… 聞こえ方を改善する「人工内耳」手術とは?

    週刊朝日

    4/2

    頭からバスタオルかぶせ4往復 身体が不自由な子との雨の日の外出事情
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    頭からバスタオルかぶせ4往復 身体が不自由な子との雨の日の外出事情

    AERA

    5/24

  • 相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    AERA

    10/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す