大人になって新しくできた「ほくろ」は皮膚がんに注意 「いい皮膚」の日に知っておきたいサイン

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

がん

2021/11/12 07:00

 皮膚に異常があれば、病気を疑って皮膚科を受診するものですが、自覚症状がない病気もあります。もっとも怖い皮膚の病気は、皮膚がんで多くは無症状です。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師が解説します。

あわせて読みたい

  • 足の裏に“ほくろ”を発見、実はがんだった…放置してはいけない皮膚の異変

    足の裏に“ほくろ”を発見、実はがんだった…放置してはいけない皮膚の異変

    dot.

    6/8

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「いんきんたむし」に似ている「皮膚がん」も! 皮膚科医が指摘する三つの見逃しやすいタイプとは?

    dot.

    11/8

  • 皮膚にしこり「痛くないからがんではない」は間違い 皮膚科医が考える五つの症状とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚にしこり「痛くないからがんではない」は間違い 皮膚科医が考える五つの症状とは?

    週刊朝日

    1/18

    ほくろじゃなくて「がん」…肌色の場合もあるメラノーマ

    ほくろじゃなくて「がん」…肌色の場合もあるメラノーマ

    週刊朝日

    12/21

  • ほくろと思っていたら皮膚のがんだった! 医師が教える見分け方「ABCDルール」
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    ほくろと思っていたら皮膚のがんだった! 医師が教える見分け方「ABCDルール」

    週刊朝日

    10/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す