「鉄の女」高市氏か、「母である」野田氏か 自民党の女性リーダーに熱狂できない理由

おんなの話はありがたい

マドンナ旋風

2021/09/23 10:00

高市早苗氏(c)朝日新聞社
高市早苗氏(c)朝日新聞社

 作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、自民党総裁選と女性政治家について。

【写真】マドンナ旋風といえばこの人

*  *  *
 3連休中、テレビは自民党総裁選のニュース一色だった。この選挙に勝つ人がこの国の総理になるとはいえ、今やるべきニュースは他にあるはず。コロナ対策についても、4人のうち誰ひとり他の国で当たり前のように行われている無料のPCR検査については触れず、Go Toキャンペーンや東京五輪・パラリンピックの強行を反省する姿勢もない。そうこうしているうちに、沖縄は今、世界最悪の感染地域になってしまった。

 もしこの総裁選がコロナ以前だったら。もし第二次安倍政権の誕生以前の日本だったら、自民党総裁選に女性候補が2人出たことを私は「うれしい」と思えただろうか。時代は変わった! と希望を持てただろうか。「自民党の多様性を示すために立候補した」と明言する野田聖子さんのキッパリしたスピーチを聞きながら想像をしてみるが、今は、とてもじゃないが、そんな気にならない。野田さんの背後にぴったり寄り添う、「八紘一宇」発言の三原じゅん子さんの姿を見ながら、多様性とは両極端の意見の人が同じグループで仲良くすることではないのにな、としらけた気持ちばかりが募る。

 そもそも高市さんにしても、野田さんにしても、国のトップに立つ女性のイメージがアップデートされていないことにも驚かされる。高市さんは、「鉄の女」と呼ばれたサッチャー首相を理想としている。野田さんは特定の人をあげてはいないが、「他の3人と比べて私の強み、差別化」の一つに「私は母であります」と語っていた。現役の女性政治家が母になることが長い間許されなかった日本社会で、「母である」女性政治家はそれだけで意味のあることなのかもしれないが、鉄の女か、母なる女かの二択は随分な選択肢だ、というかここはほんとうに2021年なのか?

  世界には今、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相や、フィンランドのサンナ・マリン首相など、鉄の女ぶらなくても、母アピールをしなくても、自分のまま、女のまま、個のままで国民に支持され、信頼されるリーダーがいる。そんな時代を生きる国が、日本の外にはあるのだ。なぜ80年代のイギリスに遡らなければいけないのか。

NEXT

野田さんは母であると同時に鉄

1 2 3

あわせて読みたい

  • 高市氏でも野田氏でもシラける女の総裁選の闘い 直木賞作家・中島京子、望月衣塑子記者

    高市氏でも野田氏でもシラける女の総裁選の闘い 直木賞作家・中島京子、望月衣塑子記者

    dot.

    9/12

    高市早苗は総裁になれるのか? 女性政治家が走る三つの「出世道」

    高市早苗は総裁になれるのか? 女性政治家が走る三つの「出世道」

    週刊朝日

    9/15

  • 高市早苗氏の意外な過去にフェミニストも震えた 総理の座を狙う過程で何があったのか
    筆者の顔写真

    北原みのり

    高市早苗氏の意外な過去にフェミニストも震えた 総理の座を狙う過程で何があったのか

    dot.

    9/9

    「アベノフォン」で高市早苗氏が2位に浮上、安倍院政も 霞が関が最も嫌がる総理は?

    「アベノフォン」で高市早苗氏が2位に浮上、安倍院政も 霞が関が最も嫌がる総理は?

    dot.

    9/24

  • 高市早苗に「プリテンダー」の声 女性の悔しさ知るはずなのに「この道しかない」のか

    高市早苗に「プリテンダー」の声 女性の悔しさ知るはずなのに「この道しかない」のか

    AERA

    9/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す