ラムダ株感染の女性は「五輪関係者」 なぜ公表遅れたのか 厚労省は隠蔽否定するも現場に警戒感

コロナウイルス

2021/08/13 17:24

 東京都の新型コロナの感染者数は13日、5773人になり、過去最多を更新した。重症の患者は前日から9人増え227人となり、こちらも最多となった。感染拡大が続いているが、感染力が強いとされるペルー由来の変異株「ラムダ株」が、7月20日に羽田空港へ到着した30代女性から国内で初めて検出されていたことがわかった。しかし、厚生労働省が公表したのは8月6日。検疫から公表まで2週間以上が経過したことになる。さらに、この女性は五輪関係者だと明らかになり、公表までの経緯に疑問も浮上している。

あわせて読みたい

  • 東京五輪で“最凶”の「ラムダ株」が上陸 ワクチン効果は5分の1?

    東京五輪で“最凶”の「ラムダ株」が上陸 ワクチン効果は5分の1?

    週刊朝日

    7/8

    英国株より「入院リスク2.6倍」 インド株が国内で置き換わる可能性も

    英国株より「入院リスク2.6倍」 インド株が国内で置き換わる可能性も

    AERA

    6/22

  • 東京五輪「バブル方式」の危うさ 死亡率世界最悪のペルーで流行「ラムダ株」持ち込みも?

    東京五輪「バブル方式」の危うさ 死亡率世界最悪のペルーで流行「ラムダ株」持ち込みも?

    dot.

    6/26

    ミュー株、イータ株…変異株で気を付けるべきこと 専門家はデルタ株の新変異を警戒

    ミュー株、イータ株…変異株で気を付けるべきこと 専門家はデルタ株の新変異を警戒

    AERA

    9/23

  • 感染爆発中のデルタ株の特異点 「初期」に高い感染力、重症化リスク増の可能性

    感染爆発中のデルタ株の特異点 「初期」に高い感染力、重症化リスク増の可能性

    AERA

    8/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す