適応障害はサボりと出社を強要されたら? ストレスの元凶の上司、職場から逃げる方法

モチベーション下げマンとの戦い方

ストレス

2021/07/02 08:00

 先月、俳優の深田恭子さんが適応障害から休養することが報道された。適応障害はうつ病につながるケースも多く、決して他人事ではない。『モチベーション下げマンとの戦い方』(朝日新書)の著者である西野一輝氏が、職場の適応障害の実体験を取材。重症化しない・させないための方法とは。

あわせて読みたい

  • 適応障害は7月こそ要注意 「誰でも発症する可能性ある」医師が警鐘

    適応障害は7月こそ要注意 「誰でも発症する可能性ある」医師が警鐘

    AERA

    7/15

    「6月病」重症化でうつ病リスクも…なりやすい人の特徴は?

    「6月病」重症化でうつ病リスクも…なりやすい人の特徴は?

    AERA

    5/31

  • 「適応障害になりやすい人」に共通する たった一つのマズい習慣

    「適応障害になりやすい人」に共通する たった一つのマズい習慣

    ダイヤモンド・オンライン

    9/14

    社会人は5月病ならぬ「6月病」にかかる?

    社会人は5月病ならぬ「6月病」にかかる?

    AERA

    6/20

  • 目を閉じても上司の顔… 6月病を生む「部下キラー」

    目を閉じても上司の顔… 6月病を生む「部下キラー」

    AERA

    6/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す