あまりのひどさに思わず投稿リツイート 猪瀬直樹元都知事に東京五輪7つの危険を紹介したい (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あまりのひどさに思わず投稿リツイート 猪瀬直樹元都知事に東京五輪7つの危険を紹介したい

連載「おんなの話はありがたい」

猪瀬直樹元東京都知事(c)朝日新聞社

猪瀬直樹元東京都知事(c)朝日新聞社

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

 作家・北原みのりさんの連載「おんなの話はありがたい」。今回は、猪瀬直樹元都知事のツイッターの投稿と東京五輪への意見について。

【写真】まるで「居酒屋のユニホーム」?東京五輪の表彰式衣装はこちら
*     *  *
 ひでーな……と絶句することが多い昨今ですが、先週、そのひどさに思わずリツイートしてしまったのが猪瀬直樹元都知事のツイッターでした。6月26日午後9時28分に投稿されたコレです。

「東京五輪開催反対を言う人たちは、五輪が始まると日本選手の活躍が気になって仕方ない、と気持ちが変化したことに気づくだろう。でもそれはごくふつうの健全な感情で少しも後ろめたいものではない。僕が言いたいのは、自分の意識の深層に想い致すことなく、軽薄に意見らしきものを述べる愚かしさだ」
 
 さすが猪瀬さん。権力に厳しい作家として名をあげたのに、いざ自らが権力の座につけるとなったとたんに医療法人から5000万円を受け取り、追及されてもウヤムヤにして逃げた過去の教訓をありがとうございます。人の心というものの奥深さ、やるせない矛盾についての含蓄があるというものです。私も東京五輪が始まり池江選手のひたむきな水泳に胸を打たれるその瞬間に、自らの愚かさに気がつくのでしょうか。

 毎週火曜日に、東京オリ・パラへの抗議リレーをオンラインでしている。医師や看護師など医療の現場に立つ女性たちと危機感を共有したことから始めたが、回を重ねるごとに、女性の貧困問題に携わる支援者、近代五輪がいかに多くの犠牲のもとに成り立つ拝金主義であるかを訴える運動家や弁護士、学校教職員など様々な立場からの反対の声が連なってきた。特に教職員や子どもを持つ大人の危機感と絶望は深い。良き思い出になるだろうと当初は五輪観戦に好意的だった教師も、実際に国立競技場を下見した人ほど、「中止するしかないのでは」と意見が変わるという話も、抗議リレーの中で出た。

 元都知事によればこんな私たちの声は「意見らしきもの」にすぎないのかもしれないが、それでも東京オリ・パラへ動員される子どもたちについて、6月21日に登壇した東京都教職員組合の長野みゆきさんが語ってくれた「意見」をここで紹介したい。実際に国立競技場を下見した教師が共有した七つの危険だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい