コロナ感染死した大阪市消防局救急隊員の同僚が激白「過酷な勤務と“命の選別”に直面する辛さ」

2021/06/15 09:00

 大阪市消防局の救急搬送を担当していた50歳代の男性救急隊員が6月2日、新型コロナウイルスに感染して亡くなったことがわかった。男性は5月3日の勤務後にノドの痛みを訴えた。5日に症状が悪化し、抗原検査を受け、新型コロナウイルスの感染がわかった。男性は1回目のワクチン接種を終えていたが、2回目を受ける前に感染し、帰らぬ人となった。

あわせて読みたい

  • 医療ひっ迫の大阪市が高齢者施設に「救急車より相談窓口へ」と促した文書入手「電話つながらない」と困惑 

    医療ひっ迫の大阪市が高齢者施設に「救急車より相談窓口へ」と促した文書入手「電話つながらない」と困惑 

    dot.

    2/20

    もう“セルフロックダウン”しかない! コロナから自分を守る方法

    もう“セルフロックダウン”しかない! コロナから自分を守る方法

    週刊朝日

    8/26

  • 慌てて119番通報「でも、心肺蘇生はしないでほしい」に救急隊は? 東京消防庁の新運用

    慌てて119番通報「でも、心肺蘇生はしないでほしい」に救急隊は? 東京消防庁の新運用

    dot.

    4/27

    コロナで死去「料理の鉄人」神田川俊郎さんの次女が明かす「命の選別」の過酷な現場

    コロナで死去「料理の鉄人」神田川俊郎さんの次女が明かす「命の選別」の過酷な現場

    dot.

    5/20

  • 大阪ビル火災で24人死亡 紙袋を持った60代男性も救急搬送か「人気の心療内科で先生はいい人」と患者

    大阪ビル火災で24人死亡 紙袋を持った60代男性も救急搬送か「人気の心療内科で先生はいい人」と患者

    dot.

    12/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す