東大卒ママが教える 歴史漫画と伝記が「成長できる子」を育むわけ (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大卒ママが教える 歴史漫画と伝記が「成長できる子」を育むわけ

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

杉山奈津子dot.
「失敗してもいいんだ」「努力すればこんなことができる」と思うことができる「しなやかマインドセット」が大切(写真/GettyImages)

「失敗してもいいんだ」「努力すればこんなことができる」と思うことができる「しなやかマインドセット」が大切(写真/GettyImages)

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

■「かちこちマインドセット」と「しなやかマインドセット」
 
 スタンフォード大学の心理学者であるキャロル・ドゥエック教授曰く、人間のマインドセットには、才能は生まれつき決まっていると考える価値観の「かちこちマインドセット」と、努力によって人は成長できると思える「しなやかマインドセット」の2種類ある、とのこと。
 
 そして子どもがどちらのマインドセットになっていくかは、親の接し方が影響してきます。

 例えば、親から頻繁に、「100点がとれてすごいね」「賞がとれて偉いね」と結果ばかりを褒められた子どもは、「次に100点とれなかったらどうしよう」という不安から、挑戦することに対して消極的になっていきます。

 つまり、自分が果たして今より上にいけるかどうかに関して疑問を抱いてしまい、現状を維持しようとするため、マインドセットが固くなるのです。

 対して、「失敗したけど頑張ったね」「たくさん勉強をしたから良い点が取れたね」など、成長までの過程を重点的に褒められた子どもは、どんどん努力して挑戦し、親に褒められようとします。そこで成長していく自分を実感できるため、しなやかなマインドセットになっていきます。

 よくマウンティングをしてくる人がいますが、それは「自分の能力はすでに決まっているもの」と考えている、かちこちマインドセットの人の特徴なのだそう。能力はこれ以上伸ばすことができないという気持ちが根底にあるため、今現在持っている能力を誇示して勝負しなくてはと考えるのだそうです。

 自分の子どもがどちらのマインドセットでいてほしいかと聞かれたら、たくさん挑戦し、失敗を恐れずに上を見て成長していく、しなやかマインドセットでしょう。

 ただ、人間の心の持ちようなんて、一朝一夕で作られるような簡単なものではないため、変化させるのは難しい作業です。

 かちこちに固まってしまった価値観を徐々に柔らかくしていくために、それでは、どのような手段を使えば良いのか。そこで効果を発揮してくれるのが、「伝記」というアイテムなのです。

■「失敗していいんだ」を偉人たちが教えてくれる

 伝記の中では、主人公がたいてい非常に大きな困難にぶつかります。しかしそれを乗り越えて、世界的に認められるものを作り上げたり、素晴らしい業績を残したりします。

 つまり、しなやかマインドセットをもった人物の人生を知ることで、自分の気持ちを「失敗してもいいんだ」「努力すればこんなことができる」という方向に向けていくのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい