同性カップル住所無断掲載の三重県議を直撃 反省や謝罪の言葉なし (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

同性カップル住所無断掲載の三重県議を直撃 反省や謝罪の言葉なし

上田耕司dot.
公開質問状の住所が記載された封筒の画像。小林議員のブログ「三重県議会議員 小林たかとら」から。現在は削除されている。

公開質問状の住所が記載された封筒の画像。小林議員のブログ「三重県議会議員 小林たかとら」から。現在は削除されている。

小林議員のブログ「三重県議会議員 小林たかとら」から。現在は削除されている。

小林議員のブログ「三重県議会議員 小林たかとら」から。現在は削除されている。

 三重県の男性の同性カップルが、自民党の小林貴虎県議(47)に公開質問状を送ったところ、県議が自身のブログで、封筒に記された自宅住所や名前、電話番号などを暴露したことが、大きな反響を呼んでいる。小林県議が3月、同性カップルについて「婚姻と同等の権利をよこせと言うことなら、同等の責任を果たさなければその資格はないでしょう」などとツイッターに投稿。男性の同性カップルが公開質問状を送付したところ、小林県議は公開質問状や個人情報などを3月30日に公開し、6日目の4月5日になってようやく削除した。

【写真】小林県議がブログに掲載した写真(現在は削除されている)

 どういうつもりで、個人情報を公開し、そして削除したのか。小林県議を直撃すると、「私は、ゲイ、レズビアン、トランスの方、FTMもMTFの方々とも、お話をさせていただきました」とした上で、「私への非通知電話を含めて、非常に誹謗中傷が絶えない。電話がたくさんかかってきます。私の周辺の方々に迷惑がかかっているということで削除しました」などと答えた。およそ20分にわたって話を聞いたが、反省や謝罪の言葉は聞けなかった。また、AERA dot.では、公開質問状を送った同性カップルにも取材。その様子を記事にした後編は近日公開予定だ。

*  *  *
(以下は小林県議との一問一答)
─削除したのは何時頃なんですか。

(4月5日の)午後だったと思います。正確には覚えていませんが……。私は録音しています。取材を受ける時には私はみなさんにお伝えしています。切り取りがある時には、私はまたブログに書かなければいけなくなりますし、ぜひ、公正な報道を望みます。

 今回、私が直面したように率直なことを書けば、糾弾されて、そして、切り取られ、公開されて。今でも嫌がらせの電話がかかってきて、モノによっては、今の方たちとは関係がないと信じたいですが、私がホームページ上に上げている家族の写真をtwitterで拡散している人がいます。私の未成年の子供も写っています。彼らは何も関係はないはずです。なので、こういうことがどんどん起これば、他の方々は尚のこと、もうLGBT問題には関わりたくないと言うでしょう。そうすると、どんな法整備が必要なのかという活発な議論が萎縮されるんです。本当にそれが性的少数者の当事者ためになるんでしょうか。私は比較的擁護してきたつもりです。私はこれ以上関わりたくないと思い始めています。でも、私が代弁してきた三重に住むクローゼット(性的指向を非公開の人たち)は、いろんな意味で応援をしてくれてますし、感謝をしてくれてます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい