同性カップル住所無断掲載の三重県議を直撃 反省や謝罪の言葉なし

2021/04/05 21:05

 三重県の男性の同性カップルが、自民党の小林貴虎県議(47)に公開質問状を送ったところ、県議が自身のブログで、封筒に記された自宅住所や名前、電話番号などを暴露したことが、大きな反響を呼んでいる。小林県議が3月、同性カップルについて「婚姻と同等の権利をよこせと言うことなら、同等の責任を果たさなければその資格はないでしょう」などとツイッターに投稿。男性の同性カップルが公開質問状を送付したところ、小林県議は公開質問状や個人情報などを3月30日に公開し、6日目の4月5日になってようやく削除した。

あわせて読みたい

  • 住所と名前を三重県議に公表された同性カップルが激白「電話が鳴り続けて精神的に病んでしまった」

    住所と名前を三重県議に公表された同性カップルが激白「電話が鳴り続けて精神的に病んでしまった」

    dot.

    4/6

    「自治体が性生活に踏み込むことはできない」? 全国首長アンケートで浮かび上がる「LGBT理解」のお寒い状況

    「自治体が性生活に踏み込むことはできない」? 全国首長アンケートで浮かび上がる「LGBT理解」のお寒い状況

    AERA

    6/8

  • 「結婚とは生きるための生活保障パッケージ」同性カップルの悲痛な叫び

    「結婚とは生きるための生活保障パッケージ」同性カップルの悲痛な叫び

    AERA

    5/11

    コロナ報道で「アウティング」の危険性 「人権がないがしろにされている」とLGBT当事者

    コロナ報道で「アウティング」の危険性 「人権がないがしろにされている」とLGBT当事者

    AERA

    6/20

  • アエラ独自調査で見えた自治体のLGBT対応の実態 <その他自治体編>

    アエラ独自調査で見えた自治体のLGBT対応の実態 <その他自治体編>

    AERA

    6/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す