突如「サウナ」に目覚めた水野美紀がclubhouseで「初心者がサウナーたちから教わる部屋」を立ち上げてみる (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

突如「サウナ」に目覚めた水野美紀がclubhouseで「初心者がサウナーたちから教わる部屋」を立ち上げてみる

連載「子育て女優の繁忙記「続・余力ゼロで生きてます」」

水野美紀さん

水野美紀さん

イラスト:唐橋充

イラスト:唐橋充

 42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から3年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は「サウナ」について。

【ちびのサウナの楽しみ方は…唐橋さんのイラストはこちら】

*  *  *
 最近、サウナブームらしい。

 私は、サウナはあれば入るが、サウナを求めてわざわざ施設に出向くほどではない。行った先にサウナがあれば、せっかくだから入っておこう、という感じだ。頑張って大量に汗をかけばスッキリするだろうし。

 サウナの中に入ったら、どれだけ長く入っていられるか、自分との戦いになる。すぐ出たくなっちゃうけど、それだとなんか、負けた気になる。

 なんでだろう。「長く入った方が効く」という思い込みがある。

 汗をかくのを目的に入っているからかもしれない。

 我慢して長く入っていればそれだけ汗をたくさんかく。汗をかけば、むくみが取れてすっきりするし、身体にいい気がする。

 それにしてもサウナがブームになるなんて、意外だなーなんて思っていた。

 ところがある日、朝ドラ「スカーレット」で共演したTKOの木本さんから、

「今、サウナにはまってますねん」

 と、サウナの話を聞いた途端、サウナの見方がすっかり変わった。

 木本さんの口から語られるサウナの話はとにかく魅力的だった。

 さすが芸人さん。人を惹きつける話術がすごい。

 ものの10分話を聞いただけで、居ても立ってもいられないくらいサウナに行きたくて仕方がなくなった。

 サウナにはまっている「サウナー」たちの目的は、汗をかくことではなくて「ととのう」ことだという。

 サウナ→水風呂→外気浴

 このワンセットを繰り返すことで

「めっちゃ気持ち良くてファーーーってなんねん」

 ということなのだそうだ。

 そこで私は思い立ってclubhouseで、初心者がサウナーたちから教わる部屋、というのを立ち上げてみた。

 するとたくさん知り合いのサウナーが!


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい