「極楽」加藤浩次さんはブレていない 鈴木おさむ (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「極楽」加藤浩次さんはブレていない 鈴木おさむ

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

放送作家の鈴木おさむさん

放送作家の鈴木おさむさん

 放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、極楽とんぼの加藤浩次さんの生きざまについて。

【写真】司会者の仕事はいす取りゲーム?勢いがあるのは…
*  *  *
 極楽とんぼ・加藤浩次さんが吉本とのエージェント契約終了のニュース。僕も普通にネットニュースで見て驚きました。

 僕が初めて加藤さんとお会いしたのは、1994年なので、今から27年も前になりますね。フジテレビの深夜番組「とぶくすりZ」という番組に入らせていただき、その稽古場で初めて会わせていただきました。僕はその前から同じ番組に出ていた「よゐこ」のライブなどの構成をさせていただいていたので、よゐこが兄弟ならば、加藤さんはなんだか親戚のお兄さんみたいな感じに勝手に思っていました。悪い事とか笑顔で教える親戚のお兄さんっていますよね。そんな感じ。

 加藤さん、本当にあの頃からブレてないのです。好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。そして自分の中で絶対の順番を付けている気がします。大事にしなきゃいけないものの順番とか。1番、2番、3番とかあって、何があってもその順番は変わらない。変えない。

 この人には絶対にお世話になったからと思ってる人に頼まれたら、NOはない。男から見ても本当に格好いい人です。

 2年ほど前に、とあるベンチャー企業のCMをお手伝いすることになり、その時、かなり無理を承知で出演のオファーをしたら、ハートで引き受けてくれたんです。本当にね、ハートで仕事する人っていますけど、やっぱりね、年とともに変わってくるんです、人って。仕方ない。僕だってそうだし。だけど、こんなに変わらない人っているんだって人が加藤さん。順番を変えないんです。

 僕は芸人さんの中でも、生きざまを見せてくれる人が大好きです。そのトップがビートたけしさんだと勝手に思っています。フライデー事件やバイク事故。人生で起きたこと全てを見せていく。格好いいところも、悪い所も。生きざまを見せつけて生きてますよね。江頭さんなんかも、僕にはそう見えています。すてきです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい