濁流が病院4階天井まで! 患者も地域も奪い去った「3.11」が医師人生にもたらしたもの

ヘルス

2021/03/08 08:02

「3・11」が日本人にとって特別な意味を持つようになってから、まもなく10年が経過しようとしている。現在発売中の週刊朝日MOOK『医者と医学部がわかる2021』では、東日本大震災で自ら被災しながら、医療活動に従事した医師に取材した。医師の10 年を追う。

あわせて読みたい

  • 国境なき医師団が見た3.11……先進国ならではの問題点と、医師に大切なものとは?

    国境なき医師団が見た3.11……先進国ならではの問題点と、医師に大切なものとは?

    dot.

    3/9

    国境なき医師団が見た3.11 先進国ならではの問題点と医師に大切なものとは?

    国境なき医師団が見た3.11 先進国ならではの問題点と医師に大切なものとは?

    dot.

    3/9

  • 震災7年|復興レポート②南三陸町の今

    震災7年|復興レポート②南三陸町の今

    tenki.jp

    3/11

    被災地の医師 「震災で在宅医療が広まった」と語る

    被災地の医師 「震災で在宅医療が広まった」と語る

    週刊朝日

    3/16

  • ピロリ菌治療が保険診療へ 「胃がん患者が減る」と専門医予測

    ピロリ菌治療が保険診療へ 「胃がん患者が減る」と専門医予測

    週刊朝日

    1/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す