「開成中」入試欠席者続出? 最難関中学の受験者がここまで減った理由とは

短期集中連載「2021年中学入試最前線 ―コロナ禍で受験はどう変わったか」(3)

2021年中学入試最前線

2021/02/26 08:02

 コロナ禍で実施された、今年の中学入試。いわゆる「御三家」と呼ばれる学校など、例年安定して志願者を集める難関校の多くで、今年は志願者が減少しました。その背景には、やはりコロナの影響があるようです。

あわせて読みたい

  • 中学受験率コロナ禍でも微増 偏差値50以下の学校で志願者が増えた理由とは

    中学受験率コロナ禍でも微増 偏差値50以下の学校で志願者が増えた理由とは

    dot.

    2/20

    中学受験で人気続く付属校 特に志願者が増えたのはどの大学付属?

    中学受験で人気続く付属校 特に志願者が増えたのはどの大学付属?

    dot.

    2/21

  • なぜ、この高校は医学部受験に強いのか……開成高等学校(東京都)の秘密 

    なぜ、この高校は医学部受験に強いのか……開成高等学校(東京都)の秘密 

    dot.

    1/2

    男子御三家「武蔵中」の志願者数がここまで増えた理由とは? 2022中学受験

    男子御三家「武蔵中」の志願者数がここまで増えた理由とは? 2022中学受験

    dot.

    3/12

  • 中学受験で志願者を伸ばす「半付属校」とは? 2022年入試、御三家は麻布、女子学院が増加の予測

    中学受験で志願者を伸ばす「半付属校」とは? 2022年入試、御三家は麻布、女子学院が増加の予測

    dot.

    1/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す