平手友梨奈 電撃脱退から一年、女優としてのポテンシャルに疑う余地ナシ! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平手友梨奈 電撃脱退から一年、女優としてのポテンシャルに疑う余地ナシ!

藤原三星dot.
平手友梨奈(C)朝日新聞社

平手友梨奈(C)朝日新聞社

 圧倒的な存在感で輝きを増し続ける元欅坂46の平手友梨奈(19)。国民的グループ・欅坂46(現・櫻坂46)を脱退して1年が経つが、女優としてめきめきと頭角を現す一方、2月19日にオンエアされた「ミュージックステーション 冬の恋うた3時間スペシャル!」ではダンサー10人を従えてソロ曲「ダンスの理由」を披露。途中から土砂降りの雨に打たれながら渾身のパフォーマンスを見せ、話題となった。スポーツ紙の芸能担当記者は次のように語る。

【平手友梨奈フォトギャラリーはこちら】

「欅坂46の象徴的な存在だった彼女がグループを脱退して1年。『卒業ではなく脱退』と宣言したため、卒業公演も行わなかったため寂しい思いをしていたファンも多かったのですが、まさかこんなタイミングでソロ曲を生放送で見られるとは思いませんでした。圧巻のパフォーマンスは現役時代と何も変わらず、むしろ進化しているように見えましたね。欅坂46発足後、4年半にわたってセンターを務めていたため、彼女が脱退したことが櫻坂46への改名につながったとも言われています。欅坂46のセンターとして紅白に4年連続出場という快挙を成し遂げ、グループから脱退することで欅坂46というグループ自体の幕を下ろした。こんなアイドル、今後も出てこないでしょうね」

 たしかに、平手の圧倒的なパフォーマンス力とカリスマ性にはデビュー当時から定評があり、坂道グループの総帥・秋元康が「二度と会えない天才」と形容したほど。それが「彼女のプレッシャーにもなっていた気がする」と前出の記者は続ける。

「デビュー当時こそアイドルグラビアなども笑顔でこなしていましたが、欅坂46の鮮烈なデビュー曲『サイレントマジョリティー』で大ブレイクを果たすと、そのメッセージ性の強さが彼女たちのパブリックイメージに。以後、どんどんカリスマ化し、彼女から笑顔が消えたというのは有名な話。王道のアイドル的な立ち居振る舞いはしづらくなったんだと思います。また、誰よりも完璧主義で、絶対に手を抜かない。そのため、いつも全力でパフォーマンスをやりすぎて、ボロボロだったといいます。実際、紅白のステージでも過呼吸で倒れ、大ニュースになりましたが、あれぐらい鬼気迫るステージは彼女にとって日常的でもありました。グループ在籍4年半で一時代を築き、風のように去っていきましたが、もはや肉体的にも精神的にも限界だったのかもしれません。いま、映画のプロモーションでバラエティで見かけたりしますが、とても柔らかい笑顔になっていて安心しました。欅坂46のセンターという重責から解放されて、やっと自然体でテレビにも出られるようになったのではないでしょうか」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい