「寝ないと鬼が来る」「ココに置いていくよ」……「脅し育児」を東大卒ママが考える (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「寝ないと鬼が来る」「ココに置いていくよ」……「脅し育児」を東大卒ママが考える

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

杉山奈津子dot.
脅し育児によるデメリットとして「子どもに恐怖心が生まれて、消極的になる」があるという。しかし、現実として世の中には「怖いもの」は存在する。そして、恐怖心はよくないことを察知し回避するための本能でもある

脅し育児によるデメリットとして「子どもに恐怖心が生まれて、消極的になる」があるという。しかし、現実として世の中には「怖いもの」は存在する。そして、恐怖心はよくないことを察知し回避するための本能でもある

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

杉山奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など。ツイッターのアカウントは@suginat

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格した杉山奈津子さんも、今や小学生の男の子の母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

 杉山さん自身が心理カウンセラーとして学んできた学術的根拠も交えつつ語る『東大ママのラク&サボでも「できる子」になる育児法』も絶賛発売中です。ぜひご覧ください。

*  *  *
 最近、「脅し育児」なんていう言葉を耳にするようになりました。

 一体どういうものかというと、たとえばデパートでオモチャを買ってほしいと泣いて動かない子に、「いつまでも駄々をこねていると、ココにおいていっちゃうよ」とか、夜更かしをしている子に、「早く寝ないと鬼が来るよ」など、恐怖心をあおる言葉をつかって子どもにいうことをきかせる育児法だそうです。

 こうした言い方をすると子どもの精神に悪い影響を及ぼしてしまうため、親はきちんと「なぜオモチャを買わないのか」「なぜ寝ないといけないのか」を説明して、理解させたうえで行動を促さねばならない、とのこと。

 先日読んだ記事には、「後から困るのは自分なんだよ。なぜかというと、大人になってから……」という例文とともに、納得してくれるまでしっかり向き合って、正しく理由を話しましょう、と、書かれていました。

■幼い子どもは、納得したうえで自身の感情を制御なんてできない

  こうした「脅し育児」の説明に対して、私は、「この用語を作った人は、もしかして子どもを育てた経験がないのでは?」という違和感を抱いてしまいました。 だって、 幼い子どもが、「こういう理由で」「こういうことはしてはいけない」という因果関係を、大人のように冷静に論理的に理解し、納得したうえで、自身の感情を制御してやりたいことをやめる……なんてことができると思いますか?

 まだ生まれてからたった4、5年しかたっていない子どもの、「遊びたい」だの「眠い」だの「やりたくない」だのといった、本能に近い強い欲求をただの正論だけでコントロールしようなんて、育児の難易度が高すぎるのではないでしょうか。

  たとえば、子どもが病院で、椅子に座っていられずにはしゃいでしまったとしましょう。こういうとき、「看護師さんにしかられるから静かにしなさい」という注意の仕方は、確かに他人側に責任を負わせるという意味で、誤った方法だとは思います。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい