東京五輪の野球代表、現時点で考えられる「最強メンバー」は? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京五輪の野球代表、現時点で考えられる「最強メンバー」は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
日本の主軸としても活躍が期待されるヤクルト村上宗隆(写真提供・東京ヤクルトスワローズ)

日本の主軸としても活躍が期待されるヤクルト村上宗隆(写真提供・東京ヤクルトスワローズ)

 新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京オリンピック・パラリンピック。プロ野球界にも当然大きな影響が出てくるが、それは日程だけではなくチーム編成にも及んでくる。そこで今回は今シーズンの成績、オフの移籍などを踏まえて、現時点で考えられる最強メンバーを選出してみた。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 まず外す必要があるのがメジャーリーグ所属の選手である。加えてこのオフにポスティングシステムを利用してメジャー移籍を表明している菅野智之(巨人)、有原航平、西川遥輝(ともに日本ハム)、海外FA権を行使してのメジャー移籍を目指す沢村拓一(ロッテ)についても、今回の選考対象から除外した。

・投手:10人
千賀滉大(ソフトバンク)
大野雄大(中日)
西勇輝(阪神)
石川柊太(ソフトバンク)
高橋礼(ソフトバンク)
森下暢仁(広島)
中川皓太(巨人)
宮西尚生(日本ハム)
山本由伸(オリックス)
森唯斗(ソフトバンク)

・捕手:2人
梅野隆太郎(阪神)
甲斐拓也(ソフトバンク)

・内野手:6人
村上宗隆(ヤクルト)
菊池涼介(広島)
岡本和真(巨人)
坂本勇人(巨人)
浅村栄斗(楽天)
外崎修汰(西武)

・外野手:6人
吉田正尚(オリックス)
柳田悠岐(ソフトバンク)
鈴木誠也(広島)
近藤健介(日本ハム)
青木宣親(ヤクルト)
周東佑京(ソフトバンク)

 予選リーグは3チーム総当たりの2試合、決勝トーナメントはスムーズに勝ち上がると3試合とかなりの短期決戦となる東京五輪。重要なのは決勝トーナメントの3試合であり、その先発として千賀、大野、西の三人を選んだ。エース格はやはり千賀だ。2017年のWBCでは第2先発としての役割がメインだったが、大会後にはオールスターチーム(投手は3人が選出)に選ばれるなど見事な成績を残している。大一番を任せるのに相応しい投手と言えるだろう。大野と西も過去2年間の結果を見ても、先発としての実績は申し分ない。まさに今が一番ピークの二人に重要な試合の先発を任せたい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい