巨人に今最も必要なものは…中島宏之が日本シリーズで見せた“戦う姿勢”

2020/12/06 16:00

 ソフトバンクとの日本シリーズで2年連続4連敗という屈辱を味わった巨人。不甲斐ない名門の姿が野球ファンの間で話題となったが、惨敗したチームの中で存在感を発揮した数少ない選手の一人が中島宏之だった。

あわせて読みたい

  • 過去には巨人とも“ひと悶着”  中島宏之はプロ野球界「最後の武闘派」?

    過去には巨人とも“ひと悶着”  中島宏之はプロ野球界「最後の武闘派」?

    dot.

    10/3

    「最近の選手は死球の避け方が下手」張本勲氏の主張は本当か検証した

    「最近の選手は死球の避け方が下手」張本勲氏の主張は本当か検証した

    dot.

    4/7

  • 清原和博、衣笠祥雄、阿部慎之助…強打者だけじゃない、死球を受ける打者の共通点とは?

    清原和博、衣笠祥雄、阿部慎之助…強打者だけじゃない、死球を受ける打者の共通点とは?

    dot.

    6/6

    「当てちまえ」と報復死球を指示も…来日前に“乱闘の主役”となった助っ人たち

    「当てちまえ」と報復死球を指示も…来日前に“乱闘の主役”となった助っ人たち

    dot.

    2/6

  • 当事者ではないのに「乱闘の主役」に 仲間への“無礼”にブチギレたプロ野球選手たち

    当事者ではないのに「乱闘の主役」に 仲間への“無礼”にブチギレたプロ野球選手たち

    dot.

    5/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す