離れた場所なのに同じ文化が…歴史の謎から見えたのは「多様性社会」を実現していた古代日本だった

朝日新聞出版の本

2020/11/28 08:02

 古い航空写真や地形図を見ると、日本中に天然の良港があったことがわかる。津々浦々、河口に形成されたラグーンがそれだ。ラグーンに形成された遺跡や古墳時代の洞窟遺跡の発見が相次ぎ、人々が船を操り、活発に往来していたようすが明らかになってきた。

あわせて読みたい

  • 縄文アートが可愛すぎる 若い女性を中心にブーム その奥深い魅力とは?

    縄文アートが可愛すぎる 若い女性を中心にブーム その奥深い魅力とは?

    AERA

    7/29

    ロケ地でも人気 東京湾唯一の無人島「猿島」の魅力
    筆者の顔写真

    鈴子

    ロケ地でも人気 東京湾唯一の無人島「猿島」の魅力

    dot.

    7/21

  • 青いガラス玉が弥生時代に「草原の道」を1万キロメートル! 約2千年前の交易が明らかに

    青いガラス玉が弥生時代に「草原の道」を1万キロメートル! 約2千年前の交易が明らかに

    AERA

    12/4

    中世の国際貿易都市・福岡は今もグローバルビジネスの拠点になり得る?

    中世の国際貿易都市・福岡は今もグローバルビジネスの拠点になり得る?

    BOOKSTAND

    2/11

  • 古墳が世界遺産候補に? 世界遺産登録に必要な証明とは

    古墳が世界遺産候補に? 世界遺産登録に必要な証明とは

    dot.

    10/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す