「鬼滅」の次は「すとぷり」? いま中高生が熱狂する“顔を出さない”謎のユニットとは

2020/11/26 16:30

左から、ななもり。るぅと、ころん、莉犬、さとみ、ジェル(提供)
左から、ななもり。るぅと、ころん、莉犬、さとみ、ジェル(提供)
ななもり。さんのイラスト(提供)
ななもり。さんのイラスト(提供)
アルバムのジャケットにもなったイラスト(提供)
アルバムのジャケットにもなったイラスト(提供)

 動画配信エンタメユニット「すとぷり」をご存じだろうか。彼らは、YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトを中心に活躍する6人組(さとみ、るぅと、ころん、莉犬、ななもり。、ジェル)で、10代ユーザーが選ぶ「ベストYouTuber 2020」ランキングで1位に輝いたこともあるという、いまティーンから絶大な支持を誇るエンタメユニットだ。

【イラスト】「すとぷり」のイラストを見る

 先日、「時代に乗り遅れてなるものか」と、原作漫画をスルーして映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を観にいったばかりの小生。「次は『すとぷり』か……」とつぶやきながら、さっそく「すとぷり」をググってみたが、検索しても彼らの画像はなかなか見つからない。表示されるのはメンバーの姿を描いたイラストばかりなのだ。「『すとぷり』ってアニメの登場人物?」。そんな疑問を抱えながら、今年中学生になったばかりの姪に話を聞くと、「『すとぷり』のメンバーはイラストキャラクターで表現されているの。本人画像を探すこと自体があり得ない行為だから。これ常識だから」と冷たく言い放たれてしまった。「時代に追いつくのって大変だよね」と妻に愚痴りながら、がぜん「すとぷり」に興味をもった小生。「こうなれば本人に直接疑問をぶつけてみよう」と取材の依頼をしてみると、「リーダーのななもり。が取材に応じます」との返事が。

 はたして「すとぷり」のメンバーは本当に実在するのか。そして彼らはいったい何者なのか。リーダー兼、「すとぷり」の所属事務所「STPR」の代表取締役を務める、ななもり。さん(25)に話を聞いた。

*  *  *
―いきなり失礼な質問で恐縮すが、本当に実在されていたんですね。

もちろんです。僕だけじゃなくて他の5人もちゃんと実在しています(笑)。

―そもそも、なぜ顔を出さずにイラストのみの露出なんでしょうか?

僕が動画配信サイトなどで活動を始めたのが高校3年生の時でした。僕が小中学生の頃からすでに学校ではネットリテラシーに関する教育が始まっていまして、「ネット上でむやみに顔をさらす行為は危険」と教えられていました。当時は未成年でしたし、単純に「ネット上でむやみに顔をさらす行為」は危険だと思っていたというのが理由です。

―ライブ会場では顔を出されていますが、今後、ライブ以外で顔を出す予定は?

「すとぷり」には「リスナーさんが第一優先」という結成時から変わらない思いがあります。僕たちにとって、ライブや握手会はリスナーさんに会える特別な場所なので、そのままの僕たちで参加していたります。もしもリスナーさんが、もっと僕たちの顔が見たいと望んで、それを喜んでくれるのなら、もしかしたらもっと顔を出す機会を増やすかもしれませんが、今のところ予定していません(笑)。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 映画「鬼滅の刃」大ヒットの裏でポップコーン業者が悲鳴「潰れるかもしれない…」

    映画「鬼滅の刃」大ヒットの裏でポップコーン業者が悲鳴「潰れるかもしれない…」

    週刊朝日

    10/28

    「鬼滅」のufotableだけじゃない! 京アニ、P.A.WORKS…アニメ制作会社の“特色”とは?

    「鬼滅」のufotableだけじゃない! 京アニ、P.A.WORKS…アニメ制作会社の“特色”とは?

    dot.

    11/24

  • ママYouTuber「PG12指定の『鬼滅映画』は8歳の子どもに見せるべき?」
    筆者の顔写真

    なーちゃん

    ママYouTuber「PG12指定の『鬼滅映画』は8歳の子どもに見せるべき?」

    dot.

    11/13

    「すとぷり」ファン待望のライブ開催 「ライブは特別な場所」ななもりが語ったファンへの思い

    「すとぷり」ファン待望のライブ開催 「ライブは特別な場所」ななもりが語ったファンへの思い

    dot.

    4/3

  • すとぷりが5大ドームファイナルに向け、2022年夏の特別なお知らせを発表!【株式会社STPR】

    すとぷりが5大ドームファイナルに向け、2022年夏の特別なお知らせを発表!【株式会社STPR】

    PR TIMES

    7/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す