「愛の不時着」にハマった医師 患者への説明に使えると思った「免疫」に似ている状況とは?

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

2020/11/13 07:00

 今年の新語・流行語大賞にノミネートされた韓流ドラマ「愛の不時着」。ハマった人は多いようですが、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師もその一人。ただし、職業柄、なんでも患者さんへの説明に使えないかと考えてしまうそうです。ドラマを見て、思いついた医学情報を語ります。

あわせて読みたい

  • カサカサの肌はアトピー性皮膚炎になりやすい? 最新研究でわかった予防法
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    カサカサの肌はアトピー性皮膚炎になりやすい? 最新研究でわかった予防法

    週刊朝日

    12/28

    ヒョンビン、軍人役の次は「孤高のピアニスト役」も? 韓流ドラマ専門家が適役を予想

    ヒョンビン、軍人役の次は「孤高のピアニスト役」も? 韓流ドラマ専門家が適役を予想

    AERA

    8/10

  • 鼻炎、結膜炎…次々にアレルギーを起こす「アレルギーマーチ」は皮膚から始まる?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    鼻炎、結膜炎…次々にアレルギーを起こす「アレルギーマーチ」は皮膚から始まる?

    dot.

    10/4

    【写真】「愛の不時着」の舞台となった北朝鮮のリアルな街の様子はこちら

    【写真】「愛の不時着」の舞台となった北朝鮮のリアルな街の様子はこちら

    5/12

  • 「愛の不時着」「梨泰院クラス」が牽引 韓流ドラマブームのヒミツ

    「愛の不時着」「梨泰院クラス」が牽引 韓流ドラマブームのヒミツ

    週刊朝日

    6/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す