「ダメなら別れる」「理解ではなく納得」目からウロコの結婚観をおおたわ史絵と中野信子が語り尽くす

朝日新聞出版の本

2020/10/19 11:30

 新刊『母を捨てるということ』で、麻薬性の鎮痛剤への依存症に陥った母のことを明かした、医師であり、テレビコメンテーターとしても活躍するおおたわ史絵さん。母の話は長年、おおたわさんのなかでタブーであり、人に聞いてもらおうと思ったこともなかったという。

あわせて読みたい

  • おおたわ史絵・中野信子が語る依存症「やめたいんだったら死ぬしかない」と思っていた…

    おおたわ史絵・中野信子が語る依存症「やめたいんだったら死ぬしかない」と思っていた…

    dot.

    10/12

    「毒親」は“いる”のではなく“なる”もの <おおたわ史絵×中野信子対談>

    「毒親」は“いる”のではなく“なる”もの <おおたわ史絵×中野信子対談>

    dot.

    10/5

  • 「毒親というより依存症の人」 おおたわ史絵が捨てた母親とは

    「毒親というより依存症の人」 おおたわ史絵が捨てた母親とは

    週刊朝日

    9/18

    おおたわ史絵が「母を捨てよう」と決意したあまりに過酷な瞬間

    おおたわ史絵が「母を捨てよう」と決意したあまりに過酷な瞬間

    dot.

    8/26

  • 医師・おおたわ史絵が、執筆やコメンテーターを必死で続けた理由と家族の崩壊

    医師・おおたわ史絵が、執筆やコメンテーターを必死で続けた理由と家族の崩壊

    dot.

    8/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す