比叡山を焼き討ちした織田信長 神仏をも恐れぬ「虐殺者」か「演出家」か? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

比叡山を焼き討ちした織田信長 神仏をも恐れぬ「虐殺者」か「演出家」か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴子dot.
唯一焼け残ったと伝わる延暦寺・瑠璃堂

唯一焼け残ったと伝わる延暦寺・瑠璃堂

織田信長のお墓は高野山(空海が開いた霊場)の中に

織田信長のお墓は高野山(空海が開いた霊場)の中に

 世界的に人種や宗教などによる差別が話題になっている。あまりに広大なテーマで、これについて私には語る能力がまるでないが、日本国内の、なかでも歴史において宗教は為政者たちにとって常に頭を悩ませる問題だったようだ。一方で、なぜ日本にキリスト教をはじめとした一神教が広く根付かなかったか─といったテーマで多くの論がなされているが、これは、これら宗教を排除した為政者の力というより、日本人が持っている不思議な処世観によるところが大きい、と私は考えている。

【写真】高野山にある織田信長の墓

●比叡山の焼き討ちが意味するもの

 260年余り続いた江戸時代の太平は、徳川家康が宗教家たちとうまく付き合い利用したことに成功の一部があると言われている。そういう面からいえば、織田信長は最も宗教家たちと対立した為政者と言えるだろう。

 信長の宗教弾圧の象徴とされているのが、元亀2(1571年)の比叡山焼き討ちである。比叡山とはのちの浄土宗の開祖・法然、浄土真宗の開祖・親鸞、日蓮宗の開祖・日蓮、曹洞宗の開祖・道元、臨済宗の開祖・栄西などが修行をした場所であることから、日本仏教の母山とも言われ、最澄が開いた延暦寺という天台宗の総本山のことを意味する。延暦寺ではこの事件のことを「元亀の法難」と呼び、歴史の悲劇のひとつとして語り継いでいる。現代に生きる私たちは、「神聖な神社仏閣に対してなんたることを!」と考えがちだが、時代背景からはさまざまな意見が出されていることをご存じだろうか。

●戦国時代までの大寺は大名と同等の勢力

 織田信長は、戦国時代をまさに終わらせようとしていた人物である。多くの敵を力でねじ伏せ、ある時は謀略を用い、内部からの崩壊を仕掛けたりもした。この時代、大寺は大名に匹敵するほどの力を持っていた。加えて、宗派同士の争いを京の町中で起こし、あまつさえ対立する宗派の信者たちの家屋に火をかけたりしていたのだ。このため、寺の勢力維持のために僧侶たちは武装し、仏罰を恐れて満足に抵抗できない市井の民たちに対してやりたい放題のありさまであった。一方、こんな僧侶たちの暴挙とこれを許す富豪たちを、京入りした信長は嫌い、むちゃな要求を重ねた。京で富を謳歌していた豪商や僧たちは信長を見くびり、あろうことか寺は信長に対立する戦国大名に肩入れするのである。

●石山本願寺との10年戦争

 比叡山焼き討ちの前年、以後10年も信長と対立する石山本願寺が信長軍に戦争を仕掛けた。元亀元(1570年)9月12日(旧暦)のことである。石山本願寺は10年の争いの中で衰退し、豊臣秀吉の時代に寺領を明け渡す。やがて宗派内で強硬派と穏健派が対立、徳川家康の時代に東本願寺と西本願寺という目に見える形で分裂をした。本願寺は、武将たちに危険な宗教とみなされたのだろう、徳川家康は三河領内で本願寺の信仰を禁じ(20年後に解禁)、薩摩の島津藩に至っては明治時代を迎えるまで禁教であった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい