打撃も“超一流”…高校通算本塁打が多かった「プロ野球投手」は? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

打撃も“超一流”…高校通算本塁打が多かった「プロ野球投手」は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
久保田龍雄dot.
巨人などで活躍した真田裕貴も高校時代はスラッガーだった (c)朝日新聞社

巨人などで活躍した真田裕貴も高校時代はスラッガーだった (c)朝日新聞社

 高校通算本塁打が多かったプロの投手は誰か?

 ランキング上位に名を連ねる選手は、高校時代にエース&4番だった者も多い。二刀流の大谷翔平(56本、花巻東-現エンゼルス)は別格としても、中田翔(87本、大阪桐蔭-日本ハム)、吉岡雄二(51本、帝京-巨人-近鉄-楽天)、濱中治(同、南部高-阪神-オリックス-ヤクルト)らは、プロ入り後、打者に転向しているので、あくまで「投手限定」を基準に、大谷も含めて除外した。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 また、高井雄平(37本、東北-ヤクルト)と宮出隆自(34本、宇和島東-ヤクルト-楽天)は、投手として1軍で実績を残したあとに打者転向。嘉勢敏弘(52本、北陽-オリックス)も二刀流だったので、これまた有資格者とは言えない。

 そんななかで、プロ入り後も投手一本を貫き、高校時代に48本の本塁打を放ったのが秋山拓巳(西条-阪神)だ。

 高校時代は“伊予のゴジラ”の異名をとり、翌春のセンバツ出場を決めた2008年秋の四国大会準決勝、高松商戦では、高知・春野球場のバックスクリーンに特大の満塁本塁打。直後、一塁ベースを回ったところで、ベースの上を踏み損ね、スッテンコロリンと派手に転倒する珍プレーも演じている。

 だが、センバツでは2打数2三振1死球と快音が聞かれず、1回戦でPL学園に0対1と惜敗。連続出場の夏も、投手として最速150キロをマークしたものの、6打数1安打2四球と不発に終わり、2回戦で今宮健太(現ソフトバンク)の明豊に0対4で敗れた。

 結果的に甲子園で150キロを出したことが自信となり、投手としてプロ入りしたが、昨季までの打撃成績も、131打数23安打2本塁打11打点の打率1割7分6厘と、投手にしてはまずまず。かつての“ゴジラ”を彷彿とさせるパワーも健在だ。

 17年8月18日の中日戦(ナゴヤドーム)では、6回に伊藤準規から右翼席最上段へプロ1号となる2ランを放ち、「投手の打球とは思えない」と周囲を驚かせた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい