破裂すると死に至る大動脈瘤 声のかすれで発覚するケースも

ヘルス

2020/08/07 17:00

 大動脈が膨らんで瘤のようになる大動脈瘤は、破裂すると命にかかわる。しかし、瘤が破裂するまでは時間があり、自覚症状はほとんど出ない。何らかのきっかけで発見されても、治療にはリスクも伴うため、治療のタイミングを見極めることが大切だ。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、大動脈瘤の原因や経過観察について、専門医に取材した。

あわせて読みたい

  • 大動脈瘤への血流を止めるステントグラフト内挿術 選択の基準は?

    大動脈瘤への血流を止めるステントグラフト内挿術 選択の基準は?

    dot.

    8/9

    ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん 首都高で突然死 前触れなく破裂する大動脈解離の怖さ

    ドキンちゃん声優・鶴ひろみさん 首都高で突然死 前触れなく破裂する大動脈解離の怖さ

    dot.

    11/17

  • 大動脈瘤を取り除く人工血管置換術 手術のタイミングは?

    大動脈瘤を取り除く人工血管置換術 手術のタイミングは?

    dot.

    8/8

    脳動脈瘤治療数ランキング全国1位になった民間病院 くも膜下出血から患者を救う治療

    脳動脈瘤治療数ランキング全国1位になった民間病院 くも膜下出血から患者を救う治療

    dot.

    5/29

  • クロちゃん手術成功も本当に怖い脳動脈瘤 3分の1が亡くなり、半数に後遺症が…

    クロちゃん手術成功も本当に怖い脳動脈瘤 3分の1が亡くなり、半数に後遺症が…

    週刊朝日

    1/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す