認知症の治療薬 約10年ぶりに承認なるか? 従来薬との違いを専門家に聞く

ヘルス

2020/06/20 17:00

 認知症に効果が期待される新薬の臨床研究は、2019年の時点でわかっているだけでも100以上の薬の治験が世界で進められている。日本では、認知症の進行を抑える薬が4種類使われているが、それらが承認されて以来、約10年、新しい薬は承認されていない。そんななか、年内にも薬事承認されるという見通しの認知症新薬が出てきた。専門家によると、これまでの薬とは異なる効果を持つという。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、世界中で進む認知症の新薬開発と最新研究について、専門家に取材した。

あわせて読みたい

  • アルツハイマー認知症の治療薬承認 「課題は投薬開始時期の判定の難しさ」と専門医

    アルツハイマー認知症の治療薬承認 「課題は投薬開始時期の判定の難しさ」と専門医

    dot.

    6/8

    【下山進=2050年のメディア第11回】アルツハイマー病新薬審判の日 「レカネマブ」治験結果
    筆者の顔写真

    下山進

    【下山進=2050年のメディア第11回】アルツハイマー病新薬審判の日 「レカネマブ」治験結果

    週刊朝日

    9/28

  • アルツハイマー新薬「レカネマブ」の薬価どうなる 進行を抑制する効果と副作用

    アルツハイマー新薬「レカネマブ」の薬価どうなる 進行を抑制する効果と副作用

    AERA

    2/17

    長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

    長生きしたら必ず人は認知症になる? 認知症予防と治療法、新薬の承認申請も進む

    dot.

    1/3

  • 【下山進=2050年のメディア第22回】失敗した治験にこそ次のヒントがある アルツハイマー病治療薬
    筆者の顔写真

    下山進

    【下山進=2050年のメディア第22回】失敗した治験にこそ次のヒントがある アルツハイマー病治療薬

    週刊朝日

    12/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す