認知症の治療薬 約10年ぶりに承認なるか? 従来薬との違いを専門家に聞く

ヘルス

2020/06/20 17:00

 認知症に効果が期待される新薬の臨床研究は、2019年の時点でわかっているだけでも100以上の薬の治験が世界で進められている。日本では、認知症の進行を抑える薬が4種類使われているが、それらが承認されて以来、約10年、新しい薬は承認されていない。そんななか、年内にも薬事承認されるという見通しの認知症新薬が出てきた。専門家によると、これまでの薬とは異なる効果を持つという。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、世界中で進む認知症の新薬開発と最新研究について、専門家に取材した。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す