新型コロナ「第2波」の本当の恐ろしさとは? 鍵は「突然変異」

新型コロナウイルス

2020/05/26 09:00

 世界でロックダウンが徐々に緩和されていくなか、日本でも26日に首都圏と北海道で緊急事態宣言が解除されたことで、全国的な解除となった。しかし、解除後も、治療・予防の「武器」がそろわない間は、「人と人の距離を開ける」「三密を避ける」「石鹸で手洗いを丁寧にする」などの一人ひとりの予防が引き続き重要になる。ウイルスの活性が高まるとされる秋冬には再び牙をむいて私たちを脅かす可能性は高いからだ。

 世界的な終息の鍵となる「集団免疫」は、おおむね60%ほどが感染することで、ウイルスはヒトの間で感染を広げられなくなり、流行は沈静化するというものだ。獨協大学医学部微生物学講座教授の増田道明氏は本書で、「感染者を抑えてオーバーシュートを回避することと、感染者を増やして短期間での集団免疫を形成すること、人類は明らかに相反する課題に挑まなくてはならない」と語っている。

 前書の日本語版序文の中でクイン氏は、こんな不吉な指摘をしている。

<……スペイン風邪の時も第一波が去ると、だれもがこれで流行のピークは過ぎたと思った。ウイルスがしばらくなりをひそめている間に変異し、“毒性”を高めていることなど知るよしもなかった。そして第2波が襲ってきた。不意をつかれた政府が事の重大さを理解した時には、すでに手遅れだった。恐るべき破壊力を備えたウイルスが誰彼かまわず襲いかかり、瞬く間におびただしい数の人命を奪っていった……>

<……そうなった時にどれくらいの死者が発生するか推測するのは難しいが、少なくとも全世界で何百万単位の犠牲者が出るのではないだろうか。おびただしい数の死者が出るばかりではない。各国の企業や組織、さらには国際機関の機能が麻痺することも考えられる。(中略)日本やヨーロッパ、アメリカなどの大企業は、主要スタッフを含む多くの従業員が働けなくなり、もはや維持・運営ができなくなってしまうかもしれない。同様に、保険医療当局を含む政府機関や各省庁も、対応能力が著しくそこなわれる恐れがある……>(山田美明、荒川邦子訳)

 第2波の恐ろしさを事前に知っておくこと、それがわれわれの命を守るために必要な「武器」となるだろう。

人類対新型ウイルス 私たちはこうしてコロナに勝つ (朝日新書)

トム・クイン,塚崎朝子,山田美明,荒川邦子

amazon
人類対新型ウイルス 私たちはこうしてコロナに勝つ (朝日新書)
1 2

あわせて読みたい

  • 症状が出ないまま治ってしまうのはなぜ? 新型コロナ重症化防ぐためのアドバイス

    症状が出ないまま治ってしまうのはなぜ? 新型コロナ重症化防ぐためのアドバイス

    AERA

    4/24

    【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…?

    【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…?

    週刊朝日

    4/1

  • ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    ワクチン効かなくなる可能性も…ゲノム医療の第一人者が警鐘を鳴らす「コロナ強毒化」

    週刊朝日

    6/2

    人類対新型ウイルス 私たちはこうしてコロナに勝つ

    人類対新型ウイルス 私たちはこうしてコロナに勝つ

    週刊朝日

    6/19

  • 【猫と感染症】難病FIPに「特効薬」近々登場! 猫にとって新型コロナウイルスとは

    【猫と感染症】難病FIPに「特効薬」近々登場! 猫にとって新型コロナウイルスとは

    AERA

    3/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す