佐藤二朗の巣ごもり期間。バリカンを買った妻と、「勉強しなさい」が聞こえない息子と (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗の巣ごもり期間。バリカンを買った妻と、「勉強しなさい」が聞こえない息子と

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。原作・脚本・監督の映画「はるヲうるひと」(主演・山田孝之)が近日公開予定

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。原作・脚本・監督の映画「はるヲうるひと」(主演・山田孝之)が近日公開予定

 個性派俳優・佐藤二朗さんが日々の生活や仕事で感じているジローイズムをお届けします。

【写真】ドラマ「浦安鉄筋家族」で共演する水野美紀さん

*  *  *
 巣ごもり期間も、いよいよ2カ月近くになってまいりました。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。佐藤二朗でございます。

 本当にこんなことを言うのは今更なんですが、僕の顔は大きいんですね。ええ。すごく大きいんです。なので、僕の顔の大きさに見合うマスクがなかなかなく、それゆえにマスクをする習慣がほぼ皆無だった僕が、この2カ月弱の間は、外出する時は百パー、マスク。近眼の僕は普段はメガネなのですが、マスクをしてメガネだとメガネがくもりがちなので、わざわざコンタクトレンズにしてまでマスク。あんなにマスクをするのが苦手だった自分に、ここまでマスクをする習慣が身につくとは思いもよりませんでした。人生、本当に何が起きるか分かりませんね。ええ。もちろん顔の大きさは相変わらずです。顔は大きいままです。当たり前だろ馬鹿野郎。

 さて、理不尽にキレたところで、この2カ月弱、巣ごもり期間により起きた変化を軽くおさらいしてみましょう。

 まず、髪が伸びました。ヒゲも伸びました。どちらも伸び放題です。僕の妻は、僕の耳掘りが大好きで、「あ~あ、君の耳が五つくらいあったらいいのに」と無茶な要求を真顔でしてきた話は佐藤家ではあまりに有名ですが、どうやら人の髪を無責任に切ることも好きらしく、ここ最近、僕の伸びきった髪を見つめながら、妻の目はランランとしています。鈴木蘭々です。そんなことを言っている場合ではありません。半ば恍惚とした表情で僕の頭髪を見つめてきます。

 しかし、こちとら一応は人前に出ることを生業にしておりますから、無責任に切られてはたまったものではありません。背に腹は代えられません。代わりの餌食として、息子(8)を差し出しました。大丈夫だ、息子よ。君はまだ小学生だ。母親に散髪され、前髪がパツンパツンになるのは、小学生の定番メニューだ。大人の階段を昇る通過儀礼だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい