コロナ時代のマンション選び 人気の「東西線」と「武蔵小杉」が敬遠される理由とは

榊淳司

2020/05/07 11:30

 コロナ危機で世界が激変するなか、マンションという住まいのあり方にも大きな影響がありそうだ。「コロナ後」にマンション選びの基準はどう変わるのか。30年以上にわたり、マンション市場を分析してきた住宅ジャーナリストの榊淳司氏が寄稿した。

あわせて読みたい

  • 武蔵小杉と元住吉駅、1駅違いで「1500万円」お得 穴場は「急行停車の隣駅」

    武蔵小杉と元住吉駅、1駅違いで「1500万円」お得 穴場は「急行停車の隣駅」

    AERA

    5/29

    台風被害で武蔵小杉のタワマンの「市場価値」は下がったのか データが物語る“真実”とは

    台風被害で武蔵小杉のタワマンの「市場価値」は下がったのか データが物語る“真実”とは

    dot.

    7/21

  • 3密で「タワマン」の価格が暴落? 「コロナ後」で一変するマンション市場

    3密で「タワマン」の価格が暴落? 「コロナ後」で一変するマンション市場

    dot.

    4/21

    コロナ不況でマンションを「1円でも高く売る」方法 業界30年のプロが伝授

    コロナ不況でマンションを「1円でも高く売る」方法 業界30年のプロが伝授

    dot.

    7/29

  • 東京は世界で「格安」 タワマンは今が買い時?

    東京は世界で「格安」 タワマンは今が買い時?

    週刊朝日

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す