ついに運行本数の減便も コロナ禍で拡大しつづける列車への影響はどこまで? (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ついに運行本数の減便も コロナ禍で拡大しつづける列車への影響はどこまで?

このエントリーをはてなブックマークに追加
植村誠dot.#鉄道
例年GWは帰省客や観光客でにぎわう東京駅だが(C)朝日新聞社

例年GWは帰省客や観光客でにぎわう東京駅だが(C)朝日新聞社

4月16日、記者会見を行ったJR東海・金子社長。運行本数全体の2割を占める臨時列車を全て運休すると明らかにした (C)朝日新聞社

4月16日、記者会見を行ったJR東海・金子社長。運行本数全体の2割を占める臨時列車を全て運休すると明らかにした (C)朝日新聞社

2020年5月8日に運行開始予定だったJR西日本の「WEST EXPRESS 銀河」もコロナウイルス感染拡大防止の取り組みを踏まえ運行開始日が延期となった(C)朝日新聞社

2020年5月8日に運行開始予定だったJR西日本の「WEST EXPRESS 銀河」もコロナウイルス感染拡大防止の取り組みを踏まえ運行開始日が延期となった(C)朝日新聞社

(表1)

(表1)

 JR九州も全体での落ち込みも他社と同様で、九州新幹線が予約率約5%(前年比約11%)、在来線では長崎本線系統の3%(同5.1%)など芳しくない実態が見てとれる。

■臨時列車の全運休や定期列車の削減も

 こうした状況のなか、JR旅客6社では、運行本数の削減などの方針を明らかにしている。

 JR北海道では、すでに特急「北斗」と「カムイ」「ライラック」「すずらん」「とかち」と快速「エアポート」の一部定期列車を運休中で、当面は5月末までの実施としている。

 JR東日本では、5月中の臨時列車1263本(新幹線923本、在来線特急・快速340本)を運休するほか、6月中に運転が予定されている臨時列車の指定券類の発売を見合わせることとなった。影響を受けるのは、新幹線481本と在来線特急・快速160本のほか、観光列車518本となる見込み。また、東北・北海道・上越・北陸新幹線で運用されている「グランクラス」が現在営業を休止しているが、6月末まで休止が延長される。また、車内販売の営業も当面は5月末まで休止、車内のカフェテリアも同様の扱いとなる。

 東海道新幹線は、ここまで運行本数をほぼ維持してきたが、ついに影響が及ぶこととなった。JR東海が4月16日の定例記者会見で明らかにしたもので、全臨時列車を運休する。東海道新幹線では、全体のおよそ2割を臨時列車としており、1日平均約380本から300本前後となる予定だ。削減後の新ダイヤは20日ごろに発表される。同社では、運転本数削減に伴い乗務員への在宅勤務を取り入れるという。

 JR西日本でも新幹線・在来線ともに一部臨時列車を運休。デビューが待たれてきた「WEST EXPRESS 銀河」の運行も先が見えない状況だ。JR四国では観光列車が軒並み運休となっているほか、一部定期特急の運休もスタートしている。当面は「宇和海」と「うずしお」「剣山」の各1往復が5月17日まで運休だが、扱いの拡大が懸念されなくもない。

 一方、JR九州では定期列車を含む運休や運転区間の変更をほぼ全線にわたって進めており、JR北海道と並び厳しい状況を窺わせている。運休対象は新幹線を含む特急のほか快速・普通列車にも及んでいるほか、列車ごとに運休日が細かく設定されているので、利用にあたってはとくに注意したいところだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい