寝ない我が子に「屍作戦」…“軍隊みたい”な育児法「ジーナ式」を実践してみた (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寝ない我が子に「屍作戦」…“軍隊みたい”な育児法「ジーナ式」を実践してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

 参った。9カ月過ぎから始まった長男の夜泣きが、ここまで大変だとは思ってもみなかった。毎日寝かしつけに1時間以上。なのに1時間半もすれば目を覚まし、朝までに最低3回は泣いて目を覚ます。時には深夜にどうやっても泣き止まず、気づいたら夜明け……なんていう日もあった。

【衝撃の差! ジーナ式スケジュールと長男の生活スケジュールはこちら】

 両親、義両親ともに遠方で頼れず、夫婦ともども寝不足で疲労困憊。母親に聞いた「散歩して日光にあてる」「疲れるようにたくさん遊んであげる」といったことも試してみたが、効果はなし。毎日ネットで「夜泣き 改善法」と検索する日々……。

 そんなある日、『ジーナ式 カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座』という本と出合った。

 イギリスのカリスマ・ナニー(乳母)のジーナが、多くの赤ちゃんをお世話する中で編み出した快眠法だ。ジーナが提唱するスケジュールや寝かしつけを実践することで、赤ちゃんが夜通し眠るようになるという。これが本当なら、なんて素晴らしい……!

 調べてみるとイギリスで20年以上前に出版されて以来のロングセラーで、日本でも10年以上前に出版、最近その改訂版が発売されたという。早速、わらにもすがる思いで手に取ることにした。

 しかし、本を開いて早々に慄いた。スケジュールがあまりにも緻密なのだ。例えば9カ月~12カ月の子なら、朝7時に起床、授乳後、9時30分~10時に15分~30分以内の昼寝。その後11時45分~12時に授乳し、12時30分から再び昼寝……といった具合。授乳、入浴の時間も決まっており、夜はなんと19時に就寝する。これで、その後1回程度の授乳で夜通し眠らせることを目指すのだという。こうしたスケジュールは生後1週から12カ月まで、月例に合わせて9パターン用意されており、授乳回数が多い最初のころはまさに分刻みのスケジュールなのだ。

 そもそも、赤ちゃんにこんなにきっちりしたスケジュールが可能なのか。3児の母である妹にジーナ式について聞いてみると「そんな軍隊みたいなスケジュールできるの!?」と驚いた様子だった。ですよね。

 とはいえ、そもそも他の解決法を知らないので、ダメ元で実践してみることにした。

 まず、ジーナ式を実践する以前の長男の一日を紹介すると、起床や昼寝の時間はもちろん、食事や入浴時間まで日によってバラバラ。朝は6時に起きる日もあれば9時30分頃まで眠る日もあったし、昼寝も4時間近く眠ることもあれば15分だけの日も。就寝は早くて21時、遅いと23時過ぎで、夜中に3回は泣いて起きる。清々しいほどにジーナ式からは遠い。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい