バッシングの嵐だった倖田來未の好感度が劇的回復したこれだけの理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

バッシングの嵐だった倖田來未の好感度が劇的回復したこれだけの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
「エロかっこいい」で大ブレイクした倖田來未 (C)朝日新聞社

「エロかっこいい」で大ブレイクした倖田來未 (C)朝日新聞社

 新型コロナウイルスの影響により、予定されていた公演の休止が相次いでいる昨今。歌手の倖田來未(37)も2月末に予定されていたコンサートツアーの名古屋追加公演と、3月1日に出演予定だった「関西コレクション」のキャンセルを発表した。だが、本人の希望で急遽2月29日に「ニコニコ生放送」に登場し、ツアーの裏話やスタジオでのライブパフォーマンスを披露。こうしたファンサービスにSNS上では、「ここまでしてくれてありがとう」など感謝の声が集まった。

【写真】昨年のライブでセクシーなパフォーマンスを披露した倖田來未

 倖田といえば、2004年に映画「キューティーハニー」の主題歌で注目を浴び、「エロかっこいい」という独特なスタイルで大ブレイク。一世を風靡したが2008年、ラジオ番組での“羊水発言”をきっかけに大バッシングを浴び人気が下降してしまった。その後も毎年のように新曲をリリースし、ツアーも行うなど精力的に活動を続け、全盛期には及ばないものの、最近になってまたじわじわと好感度が上がってきているという。

「まず、アラフォーに突入しても体型を維持しているところが大きい。昨年の9月、自身のインスタグラムで『遊びながら、ダイエット。あたしは、常にそれだけのためにやるのが嫌な為、ジムには行かず、笑いながら、体を動かしたい派です!』と、独自のダイエット法を語っていましたが、2月に放送されたトーク番組では『20年間ダイエッターです』と告白。努力していることが垣間見え、ネット上では『凄い。15年くらい前の倖田來未のイメージと何一つ変わってない』など、感心する声も目立ちます。また同月に情報番組に生出演した際、視聴者投票で選ばれて生歌を1年半ぶりに披露。見事なパフォーマンスに『口パクじゃなくて好感持てた』と、確かな歌唱力を評価した視聴者も多く、そんなプロ意識の高さが好印象に繋がっているのでしょう」(テレビ情報誌の編集者)

 一方、プライベートでは2011年に結婚し翌年に出産。一児の母としての顔を持つ。家庭は円満のようで、「ボクらの時代」(フジテレビ系、2019年8月4日放送)に出演した際は夫について語っていたことも。夫は風呂を沸かしておいてくれたり洗濯をしてくれたりと、家事に協力的。喧嘩をした時も先に謝ってくれるそうで、「いい旦那さんだから続けられている」と話していた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい