なぜ鏡餅は「切る」でも「割る」でもなく「開く」のか?

あなたの知らない神社仏閣の世界

神社仏閣

2020/01/11 07:00

 まだまだお正月気分は抜け切らないが、“二十日正月”という言葉が残るように、正月20日に祝い納めをするという古くからの風習が未だ残る地方も多く、正月気分が残るのは仕方のない話である。

あわせて読みたい

  • 今日11日は「鏡開き」供えたお餅をみんなで食べる日です

    今日11日は「鏡開き」供えたお餅をみんなで食べる日です

    tenki.jp

    1/11

    日本の伝統行事の鏡開きと蔵開きについて学ぼう!

    日本の伝統行事の鏡開きと蔵開きについて学ぼう!

    tenki.jp

    1/11

  • どうして1月11日に「鏡開き」をするのか?「鏡餅」に隠された深い秘密とは?

    どうして1月11日に「鏡開き」をするのか?「鏡餅」に隠された深い秘密とは?

    tenki.jp

    1/11

    本日1月11日は鏡開きの日。小寒・次候「水泉動(しみず あたたかをふくむ)」

    本日1月11日は鏡開きの日。小寒・次候「水泉動(しみず あたたかをふくむ)」

    tenki.jp

    1/11

  • 鏡餅にはどんな意味があって、いつからいつまで飾ればいいの?

    鏡餅にはどんな意味があって、いつからいつまで飾ればいいの?

    tenki.jp

    1/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す