尋常じゃないガラガラ感…「プレミア12」の米国戦で広がった“異様な光景”

プレミア12

2019/11/23 11:30

“宿敵”韓国を2夜連続で破り日本代表の優勝で幕を閉じたプレミア12。侍ジャパンの奮闘に盛り上がりを見せたのは事実だが、一方で大会の存在意義に疑問符が付いたのも否定できない。

あわせて読みたい

  • WBCがあるのにプレミア12を開催した野球界の裏事情

    WBCがあるのにプレミア12を開催した野球界の裏事情

    ダイヤモンド・オンライン

    11/24

    侍ジャパンの年棒ランキング24 1位は田中将大、2位は? エモヤンの評価する意外な選手

    侍ジャパンの年棒ランキング24 1位は田中将大、2位は? エモヤンの評価する意外な選手

    dot.

    8/2

  • 阪神・鳥谷はメジャーで通用する!!小関順二が「通説」に異議あり

    阪神・鳥谷はメジャーで通用する!!小関順二が「通説」に異議あり

    dot.

    11/12

    元DeNAグリエルはやっぱり“格”が違った 日本にいたら史上最強助っ人になった?

    元DeNAグリエルはやっぱり“格”が違った 日本にいたら史上最強助っ人になった?

    dot.

    11/14

  • 五輪で感じた野球普及の“限界” 米国「ドリームチーム」誕生が状況を変える?

    五輪で感じた野球普及の“限界” 米国「ドリームチーム」誕生が状況を変える?

    dot.

    9/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す