ママタレ狙うも“ベッキー再生プラン”が混迷を極めている理由

2019/11/25 07:00

 11月9日にタレントのベッキー(35)が読売ジャイアンツの二軍内野守備走塁コーチ・片岡治大との間に第1子を授かったことが報じられた。2016年、「週刊文春」がスクープした川谷絵音との“ゲス不倫騒動”ですべてを失った彼女にとって、ママタレントとして再ブレイクを予感させる展開だが、実際はそんな簡単な話ではないらしい。女性週刊誌の記者は次のように語る。

あわせて読みたい

  • 新元号を予想しただけで総バッシングのベッキー 四面楚歌の理由は?

    新元号を予想しただけで総バッシングのベッキー 四面楚歌の理由は?

    dot.

    4/1

    再婚で本格復帰? 矢口真里、「再ブレイク」への道 

    再婚で本格復帰? 矢口真里、「再ブレイク」への道 

    dot.

    4/4

  • ローラ、小倉優子、氷川きよし…「キャラ変」芸能人の悲喜こもごも

    ローラ、小倉優子、氷川きよし…「キャラ変」芸能人の悲喜こもごも

    dot.

    10/2

    「好感度」で変動するママタレ勢力図 急上昇は杏、辻希美、佐々木希 大暴落は……

    「好感度」で変動するママタレ勢力図 急上昇は杏、辻希美、佐々木希 大暴落は……

    週刊朝日

    4/4

  • ベッキー捨て身の「ゲッツ!」 自虐ネタは復活の突破口となるのか?

    ベッキー捨て身の「ゲッツ!」 自虐ネタは復活の突破口となるのか?

    dot.

    5/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す