「いつ僕を1軍で使うの?」 プロ野球新人が放った“超ビッグマウス発言”

2019/11/12 16:00

 今年のドラフトで中日に1位指名された高校ナンバーワンスラッガー・石川昂弥(東邦)が「新人王を獲って、1年目からレギュラーを獲る。(本塁打は)30本ぐらいで」と宣言し、ビッグマウスぶりが話題になった。1989年の近鉄のドラ1・野茂英雄(新日鉄堺)も「自信がなければ、こういう商売はやっていけない。ある程度の自信はある」とコメントしたように、プロの世界へはばたこうとする若者がでっかい夢や目標を口にするのは、ある意味当然のこと。ドラフト史上、過去にはどんなビッグマウスがいたか、振り返ってみよう。

あわせて読みたい

  • 小池秀郎、川口知哉、斎藤佑樹も… 期待外れの『重複指名ドラ1』列伝

    小池秀郎、川口知哉、斎藤佑樹も… 期待外れの『重複指名ドラ1』列伝

    dot.

    9/2

    「とりあえず新人王…」 監督もドン引き? 入団会見で新人たちが放った“仰天発言”

    「とりあえず新人王…」 監督もドン引き? 入団会見で新人たちが放った“仰天発言”

    dot.

    11/6

  • アンチや敵も多いけど…「ビッグマウス」はプロ野球界に必要不可欠?

    アンチや敵も多いけど…「ビッグマウス」はプロ野球界に必要不可欠?

    dot.

    7/2

    桑田、清宮も“ビッグマウス”を連発 大胆発言でメディアを賑わせた球児たち

    桑田、清宮も“ビッグマウス”を連発 大胆発言でメディアを賑わせた球児たち

    dot.

    8/19

  • 斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】

    斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】

    dot.

    11/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す