佐藤二朗「僕ちんと妻とのチューがさらに遠のく」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「僕ちんと妻とのチューがさらに遠のく」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.#佐藤二朗#夫婦
佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 しかし晩酌というくらいだから、晩にならないと酌はできない訳で、あまりに早くから酌をすると、妻の雷が落ち、妻とのチューがさらに遠のく。

 お気づきだろう。そう。いま僕がそれなりに有意義(?)な時間を過ごせているのは、このコラムのおかげなのである。「AERA dot.」のおかげなのである。休みの日、無趣味の僕は何もやることがない。いや待て。AERA dot.があるじゃないか。そうだ。喫茶店でアイスコーヒーをゆったりと飲みながら、コラムを書けばいいじゃないか。「そうだ。コラム書こう」である。

 妻だけでなく、担当K氏の雷も落ちそうな文を書いている自覚はあるが、コラムと、そんな接し方があってもいいじゃないか。

 結局オフの日も仕事してるじゃねえかという読者諸兄の声は聞こえぬフリをして、そんな緩~い感じで、今後とも、僕ちんを、どうかひとつ。(文/佐藤二朗)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

佐藤二朗

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい