二児のママ・上戸彩 復帰を語る「母親役のイメージはこれから」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二児のママ・上戸彩 復帰を語る「母親役のイメージはこれから」

このエントリーをはてなブックマークに追加
●上戸彩(うえと・あや)/1985年生まれ。東京都出身。2000年にドラマ「涙をふいて」で女優デビューすると、01年には「3年B組金八先生」で性同一性障害の生徒役を演じて話題に。その後も「半沢直樹」や「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」などに出演し活躍。12年にEXILEのHIROと結婚し、現在は2児の母(撮影/写真部・加藤夏子)

●上戸彩(うえと・あや)/1985年生まれ。東京都出身。2000年にドラマ「涙をふいて」で女優デビューすると、01年には「3年B組金八先生」で性同一性障害の生徒役を演じて話題に。その後も「半沢直樹」や「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」などに出演し活躍。12年にEXILEのHIROと結婚し、現在は2児の母(撮影/写真部・加藤夏子)

「子どもが許してくれる仕事を選ぶのではなくて、ちゃんと理解してくれる子どもを自分が育てないといけないと思います」と上戸さん。仕事に育児に奔走する毎日だ(撮影/写真部・加藤夏子)

「子どもが許してくれる仕事を選ぶのではなくて、ちゃんと理解してくれる子どもを自分が育てないといけないと思います」と上戸さん。仕事に育児に奔走する毎日だ(撮影/写真部・加藤夏子)

 ディズニーの長編アニメーション「眠れる森の美女」を実写版でリメイクした「マレフィセント」。その続編となる「マレフィセント2」が10月18日から日本で公開されている。アンジェリーナ・ジョリーが演じる”最恐のヴィラン”「マレフィセント」と、エル・ファニング演じる「オーロラ姫」の絆の物語だ。

【写真】美しすぎる!二児の母とは思えない上戸彩さんはこちら

 前作に続いて、日本語吹き替え版でオーロラ姫の声を担当する女優・上戸彩(34)が、作品への思いや母親になっての心境などを語ってくれた。

*  *  *
――5年越しでの続編となりました。

「マレフィセント2」の制作が決まったときはうれしかったです。7月に第二子を産んでからの仕事復帰1作目なので、体調の不安もありました。実は長女を産んだ後の復帰作もディズニー映画の「ズートピア」だったんです。ディズニーの仕事をできるのは子どもに自慢できますし、ありがたいなと思います。その長女が今まさにディズニーが大好きで、「オーロラ姫の仕事をしてくるね」っていうとすごく喜んでくれるんです。「やるっきゃない」と思いました。

――ドラマと声だけの演技では、どういったところに違いを感じますか。

セリフを覚えなくていいことは大きいですね。私はセリフ覚えが本当に苦手なので、その作業がないぶん、純粋に楽しめました。

あとはエゴサ―チが楽しみです。ドラマとかは私のファンが見てくださったりしますが、声だけの作品を見てくださるのは私のファンだけではありません。だから純粋に私の演技を評価してくださるのがうれしい。

――演じてみて、どうでしたか?

前作は大人びたエル・ファニングさんに引っ張られて、「ちょっと低めの声を出そう」と大人っぽい芝居になってしまいました。監督からは「日本の姫のイメージは明るく子どもっぽい声なので、上戸さんのそのままの声でやってください」と。そういった声を探す作業があったのですが、今回は前作からの感覚と、エル・ファニングさんが年齢を重ねた分のギャップが埋まって、スムーズに演じることができました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい