男子マラソン設楽悠太 「1億円」獲得レースの朝に食べた驚きのメニューとは? (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

男子マラソン設楽悠太 「1億円」獲得レースの朝に食べた驚きのメニューとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
生島淳dot.#2020東京五輪#五輪
2018年2 月25日に開催された東京マラソンで16年ぶりに日本新記録を更新し、日本人トップの2位に。高岡寿成(カネボウ)が2001年に出した記録を5秒上回る、2時間6分11秒。1 億円の褒賞金を手にしたことでも話題に(c)朝日新聞社

2018年2 月25日に開催された東京マラソンで16年ぶりに日本新記録を更新し、日本人トップの2位に。高岡寿成(カネボウ)が2001年に出した記録を5秒上回る、2時間6分11秒。1 億円の褒賞金を手にしたことでも話題に(c)朝日新聞社

 酒井監督から見て、設楽の特色は持ち前のスピードにあった。トラックからマラソンに移行するにあたり、5千メートルで13分30秒、1万メートルで27分40秒前後という国内トップクラスのスピードをどう維持するかがひとつのポイントになった。
 
 設楽のスピードの源は、脚の速い回転である。スムースな足のさばきが、前方への推進力となる。
 
 しかし、トラックからロードに主戦場を移すと、どうしてもこの回転が犠牲になってしまう。2時間、回転を維持するのは難しいからだ。しかし、設楽は自分の持ち味を放棄するつもりはなかった。

 リオデジャネイロ・オリンピックでは1万メートルに出場し、28分55秒23で29位に終わったが、その後にロードに転向し、着実に成功を収める。
 
 酒井監督はいう。

「悠太はロードであっても回転をキープしつつ、そして地面からの反発をうまく推進力に換えていったんです」

 初マラソンは、2017年2月に行われた東京マラソン。ここでは2時間9分27秒で11位に入り、上々のスタート。そして強化期の仕上げとして9月にウスティ・ハーフマラソン(チェコ)で1時間00分17秒の日本新記録をマークする。その1週間後には平坦コースのベルリン・マラソンに参加、2時間9分3秒の自己ベストをマークする。
 
 この9月、ウスティ・ハーフにピークが来ていた可能性もあり、ベルリン一本に絞っていたら、8分台に突入する可能性もあった。この時期、回転を活かした走法が早くも実を結び始めていた。

■日本中に衝撃を与えた記録樹立と1億円

 そして日本中に衝撃を与えたのが、18年の東京マラソンだ。設楽は中盤以降、一時は失速したかに思われたが、最終盤になって持ち直し、2時間6分11秒という日本記録をたたき出したのである。この記録樹立の褒賞金として1億円を手にしたことで、設楽は一気に「セレブ」の仲間入りをした。
 
 この日本記録樹立のあと、私は設楽にインタビューする機会があったが、これが楽しい場になった。設楽はこの時期、毎週のように競技会に出ていた。川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は別として、日本のエリートランナーとしては異例の調整方法だった。その真意を質すと、こんな答えが返ってきた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい