警察の威圧的取り締まり動画公開にカンニング竹山が違和感 「無断で動画をアップするのってどうなの?」 (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

警察の威圧的取り締まり動画公開にカンニング竹山が違和感 「無断で動画をアップするのってどうなの?」

連載「言わせてもらいますけどね!」

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/小原雄輝)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 そもそも、僕は不買運動って言葉が本当に嫌い。なぜかというと、その商品を買う・買わないは個人の自由だからです。それなのにみんなを焚きつけて、そうじゃないことを許さないのは人権侵害にも繋がるんじゃないかと思う。誰かが美味しいって勧めてくれたお菓子を、僕が「クソまずい」って言おうと、自由じゃないですか。決して共通点でいる必要はないわけです。それなのにみんなで同じように主張しようって強制されるのであれば、それは危険思想だと思う。

 ネットは自由だって言われる割には、一つのラインの上にいなきゃ叩くっていうことが起きがちですよね。それは全く新しくもないし、言ってることとやってることがめちゃくちゃだとすごく感じます。

 個人が撮影した動画も含めて、ネットで即座に情報を得るというのは、方法論としては良いと思う。自分で選んで、自分の時間で見られるという点は、テレビも見習って変わっていかなきゃいけない。でも、その情報が確かなものかどうかは誰にもわからなかったりするという問題があるわけです。モラルの面でも誰が責任を持つのかという面でも、問題が出始めていますよね。

 Youtuberが事件現場で動画を撮って配信したことも問題になりましたが、先日ワイドショーで放送されていた一般の人の動画も疑問が残りました。大阪でタクシーに乗ったら、運転手がガラケーでずっと通話していて、その会社に苦情を入れたと。その対応があまりにも悪かったから、タクシー協会にも苦情を入れて、ネットにもアップしたということでした。でもそれってよくよく考えてみたら、おかしくない?

 もちろんタクシー運転手がやったことは法律違反。でも、現場で注意できなかったのか? それが怖かったとしても、タクシー会社には「ネットにあげますよ」って言ったんだろうか。このままでは判断できないケースだなと思います。一見、正義のようだけど、本当に正義なんだろうかって思うことが最近増えていると感じます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい