ネトフリ「全裸監督」大絶賛に、「ナイスですね!」とは言えないテレビ界の事情 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ネトフリ「全裸監督」大絶賛に、「ナイスですね!」とは言えないテレビ界の事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤原三星dot.
Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』で村西監督を演じる山田孝之。
配信:2019年8月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信
【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/全裸監督

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』で村西監督を演じる山田孝之。 配信:2019年8月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信 【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/全裸監督

黒木香役の森田望智。
配信:2019年8月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信
【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/全裸監督

黒木香役の森田望智。 配信:2019年8月8日(木)、Netflixにて全世界独占配信 【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/全裸監督

「見た?」が業界の合い言葉になっているようだ。8月8日から配信された、動画配信サービスNETFLIX制作の「全裸監督」が話題を呼んでいる。パンツ一丁で伝説のAV監督を怪演した山田孝之(35)の芝居は、観る者すべてを圧倒するほどの凄みを帯びている。すでにネット上では多数のレビューが投稿され、長澤まさみや有吉弘行ら有名人たちもSNSで大絶賛。いったい、何がそんなに凄いのか? 映画配給会社の関係者は次のように語る。

【写真】伝説のワキ毛女優・黒木香を演じたのは?

「前科7犯、借金50億の『AVの帝王』と言われた村西とおるの半生を山田孝之がエネルギッシュに演じており、この物語から放たれる熱量がとにかくすごい。AVの撮影現場のシーンも多く、地上波では絶対映像化できない内容をNETFLIXという“舞台”で描ききっている。また、『1話あたり数億円』とも言われている予算も強みのひとつでしょう。潤沢な予算で歌舞伎町のセットをつくりあげ、ハワイロケも敢行。NETFLIXが制作し、世界で大ヒットとなった麻薬ドラマ『ナルコス』の脚本家をアメリカから呼び、4人チームで1年かけて脚本を練り込み、衣装や小物にも徹底的にこだわり抜いて80年代の雰囲気を見事に再現しています。今の日本のドラマや映画の製作現場では逆立ちしてもありえないことですよ。視聴率やスポンサーに左右されないからこそ、劇中の村西監督よろしく『撮りたいものを撮る』という精神で作られており、それが観たこともない群像劇に昇華している。同じ映像制作の人間として、嫉妬を超えて憧れを抱くレベルですね」

 本作は全世界190か国に同時配信。2年半前に村西役のオファーを受けた山田が、原作にあたる『全裸監督 村西とおる伝』(本橋信宏著)の帯に記された『前科7犯、借金50億』という文字だけを見て「たぶんこれはすごいことが起きる」と即決。村西本人ともディスカッションを交え、役作りに没頭していったという。すでに一気見したという某テレビ局のディレクターは次のように語る。

「山田さんの憑依ぶりはこのドラマの見せ場のひとつ。髪型やフォルムだけでなく、エロにかける熱意がほとばしっていけばいくほど、どんどん村西監督にしか見えなくなっていきます。本作がデビューとなった新人俳優・森田望智さんの黒木香役も凄い。決してモノマネではなく、性に悩むヒロインというテイストをうまくくみ取りつつ、文字通り体当たりの演技を披露しています。今後、絶対にブレイク確実な女優さんだと思いますね。また、撮影現場ではハリウッド式を採用して『1日10時間以下の健康的なスケジュール』だったとか。そのゆるやかなスケジュールで全8話を撮るのに3か月近くかかったそうですが、これも潤沢な予算があるからこそ。主演の山田さんも『今までで一番楽しかった現場だった』と公言しているように、何から何まで日本の撮影現場とは違ったんでしょう」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい