年収“自称”1億円のライブ配信者・コレコレ 「一日の睡眠時間は12時間」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年収“自称”1億円のライブ配信者・コレコレ 「一日の睡眠時間は12時間」

“ツイキャスの王”コレコレ独占インタビュー<後編>

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
コレコレ/1989年8月12日生まれ。広島県出身。Twitcasting (通称:ツイキャス)」、YouTube、ニコニコ動画で活動する配信者、YouTuber。雑談、逆凸、ゲーム実況、凸待ちなど、シャンル、放送スタイルを問わず展開。顔出し配信の時は鼻マスクや鼻テープをつけた姿がトレードマーク。アイドルプロデューサーとして現在、オーディション企画を進行中(撮影/写真部・片山菜織子)

コレコレ/1989年8月12日生まれ。広島県出身。Twitcasting (通称:ツイキャス)」、YouTube、ニコニコ動画で活動する配信者、YouTuber。雑談、逆凸、ゲーム実況、凸待ちなど、シャンル、放送スタイルを問わず展開。顔出し配信の時は鼻マスクや鼻テープをつけた姿がトレードマーク。アイドルプロデューサーとして現在、オーディション企画を進行中(撮影/写真部・片山菜織子)

「コミュ障だけどめちゃめちゃモテる」と話すコレコレさん(撮影/写真部・片山菜織子)

「コミュ障だけどめちゃめちゃモテる」と話すコレコレさん(撮影/写真部・片山菜織子)

 パソコンやスマホからライブ配信ができるサービス「ツイキャス」で、その人気の高さから“王”と呼ばれる配信者がいる。その男の名は「コレコレ」(30)。16歳でライブ配信を始め、「ねとらじ」や「ニコニコ生放送」などの配信サイトが誕生すると、またたく間に人気者の階段を駆け上り、いまでは「日本トップのライブ配信者」と呼ばれるようになった。「楽して生きていきたい」と話す一方で、人気YouTuberやアイドルプロデューサーとしての顔も併せ持ち、コミュ障なのに女性にモテる。コレコレとは何者なのか。年収や今後の目標など、話を聞いた。(前編から続く)

【写真】「めちゃめちゃモテる」と話すコレコレさん

*  *  *
――2018年からクリエイター事務所の「ライバー」に所属されています。その理由を教えてください。

そこそこお金もたまりましたし、「いいマンションに住みたいな」と思いまして(笑)。フリーだとローンが組みにくいんですよ。そんなタイミングでお誘いをいただいたので「まあいっか」と。それにこの事務所、すごいゆるいんです。クリエイターファーストというか。それで所属を決めました。僕のキャラ的に「UUUM(ウーム)」みたいな大手事務所は難しいですしね。まあ入りたくないんでいいですけど。僕の人生のコンセプトは「楽して生きていく」なので。

――「好きなことで生きていく」(YouTubeのTVCMで使われたキャッチフレーズ)ではないんですね。

ぜんぜん違います。好きなことでも大変だったら嫌じゃないですか。ぶっちゃけ、有名なYouTuberは皆さん、好きなことでは生きていないと思います。

――ご活躍を見ていると、ぜんぜん楽そうではありませんが。

そうですか? 一日の睡眠時間は絶対に12時間ないと嫌なので、それをキープしています。だから一日が短いんですよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい